HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市の洗面所の入替えた窓周りをモルタルで復旧 5/4

岸和田市の洗面所の入替えた窓周りをモルタルで復旧 5/4

岸和田市K様邸お風呂入替工事

窓周りをモルタルで復旧

岸和田市のお風呂入れ替えと洗面所の内装工事で前回、ノーリツのユパティオの設置をご紹介しました。今回は、洗面所の入替えた窓周りやお風呂の取り合いの外壁の復旧、他、洗面所の内装工事をお伝えします。

洗面所の寒さ対策でシングルガラスの窓を面格子付きの複層ガラス窓に入替えました。既存の窓を撤去して新しい窓を設置する際に取り合いに隙間ができますので、ラスカット(モルタルの下地材)を張ってモルタルを塗って復旧します。

塗装で仕上げます

洗面所の入替えた窓周りにモルタルを塗って復旧しました。

しっかりと乾燥させてから壁一面を塗装して仕上げます。

ユニットバスの取り合いも復旧

ユニットバスを設置する際に壁一面と横の外壁を一部撤去したので、洗面所の窓と同様にラスカットを張ってモルタルを塗って復旧しています。

洗面所の床を補強

既存の洗面所の床はフローリングでしたが、今回クッションフロアに張り替えます。

既存の床を根太に向かって等間隔でビス留めして動かないように増し締めします。

ビスでしっかりと締めました

床を増し締めすると、ギシギシという床なりや、床の緩みを防止できます。

また、床を撤去せず上張りするので、既存の床のめくり及び撤去費用を負担しなくてすみます。

クッションフロアの下地を張ります

既存のフローリングの上にクッションフロアを張ると、下のフローリングの柄の形がでてしまうので、新しい下地を上張りします。また、段差を解消する時はこの下地の厚みと仕上げの床材の厚みを調節して施工します。

次は床にクッションフロアを張り、壁クロスを張替えます。

 

前日はこちら(岸和田市でユパティオの設置) 

 

つづきはこちら(岸和田市のお風呂入替工事完了)

 

現地調査はこちら(岸和田市のお風呂入替の現地調査) 

関連のヤマナカ工事の日記を見る