HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市のお風呂入替工事着工で解体作業を行いました 4/29

岸和田市のお風呂入替工事着工で解体作業を行いました 4/29

岸和田市K様邸 お風呂入れ替え工事

ユニットバスに入替えます

岸和田市のお風呂入替工事の着工で既存の浴室の解体などのご紹介です。

K様邸のお風呂は在来のタイル張りのお風呂で、新しく設置するお風呂は暖かいユニットバスです。

浴室の空間を広げるために、建物の土台を超えて空間を広げることができるノーリツのユパティオを採用しました。

玄関から浴室までを養生

工事1日目は浴室の解体です。

玄関から浴室までの動線(行き来する経路)の床や壁にシートをかけて養生しました。

天井までシートで覆いました

タイル張りの浴室の解体では大きな音とともに大量のホコリが舞います。

床から天井にかけてシートを張り、養生テープで目張りしても少なからず埃が侵入してしまいます。

浴室を解体します

設備の職人が浴室の解体を行っています。

電動ドリルを使用して、タイル壁や天井を細かく砕きながら解体していきます。

解体したタイルを運び出します

タイル壁などの解体が進むと、写真のように解体物がたくさん出ます。少しづつ運び出しながら作業を進めます。

天井下地も撤去します

天井を解体すると下地の木部が見えました。

ユニットバスの場合、天井裏に換気扇のダクトを通すので、この天井下地も撤去します。

壁一面撤去

浴室内を広くするために、窓周りの壁一面を撤去するのですが、一気に撤去せず、タイル部分をはがしてから解体します。そうすると、廃棄処分の分別もしやすいです。

2日目も解体作業を行ったのでその様子をご紹介します。

 

現地調査はこちら(岸和田市のお風呂入替の現地調査) 

 

つづきはこちら(岸和田市のお風呂解体)

関連のヤマナカ工事の日記を見る