HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >水糸で水平にブロック積みと下水管設置 10/5 岸和田市山直中町

水糸で水平にブロック積みと下水管設置 10/5 岸和田市山直中町

前日、ブロック塀設置に伴う基礎の設置を行いました。本日は基礎の上にブロックを積みます。水糸で水平を確認しながら真っ直ぐに積みます。下水管工事も進んでいます。10/5 岸和田市山直中町F様邸

岸和田市山直中町 F様邸 外構改修と下水切替工事 6日目 H28.10/5(水) 

ブロック搬入

昨日、家の前面にある石垣と庭を撤去した場所にブロック塀を建てる基礎を強度のあるコンクリートで設置しました。本日は、基礎の上にブロックを積んでいきます。

 

Fさま邸で使用するブロックを搬入しています。たくさんありますね!

ブロックを積んでいます!

昨日設置したコンクリートの基礎の上にブロックを積んでいます。

ブロックの穴を縦筋に入れて積み、その間に目地モルタルを詰めます。

 

目地モルタルはブロックを積むときに使うもので、ブロック同士をくっつける役目をします。

積み上がったブロックが1枚の壁としての強さや塀として長くもたせるためには、隙間がなくブロック周囲全体にモルタルが行き渡ることが重要です。

水平確認

写真では分かりづらいですが、細くて黄色い水糸を張って、水平をきちんと守ってブロックを積んでいきます。ブロックの中にもきちんとモルタルを充填して、ベースとの一体化を図ります。

 

水糸とは・・・築工事などで、水平線を示すのに用いる糸のことです。みずなわとも呼びます。

 

ブロックの間には補強の横筋(横方向を支える鉄筋)を入れ積んでいます。

 

 

配管を通して埋めました

下水切り替え工事も進んでいます。

 

家の前まで来ている下水管を繋げ、下水管、雨水管を通して、地中に埋めました。

 

トイレの排管と接続

道路側の配管を通したので、後は家の裏にあるトイレの管に繋げます。

 

この土の部分はコンクリート土間を打ち、車二台分のカーポートを設置します。

 

前日(ブロックの基礎設置など)の工事はこちら 

 

つづき(ブロック目地きりなど)はこちら

 

外構改修と下水切り替え工事をはじめから

 

 

関連のヤマナカ工事の日記を見る