HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市の増築部の壁に石膏ボードを張り柱は合板で包みました 11/7

岸和田市の増築部の壁に石膏ボードを張り柱は合板で包みました 11/7

岸和田市N様邸 各所改修工事 

 

岸和田市の内装及び外部の工事で今回は、内装の壁の石膏ボード張りなどの様子をご紹介します。N様邸はこの工事で1階のお部屋の間取りを変えました。各お部屋の間仕切り壁や増築部の壁に石膏ボードを張っていきます。

増築部の壁に石膏ボードを張ります

N様邸は、キッチンのFIX窓と壁を解体して、その裏にある敷地に増築されました。増築部の壁に断熱材を入れてから石膏ボードを張っています。

廊下との間仕切り壁も張りました

増築部と廊下の間仕切り壁にも石膏ボードを張りました。

石膏ボードとは、石膏を芯材にし、その両面に石膏ボード用の原紙で被覆した建築用の内装材です。

増築部の柱に合板を張ります

増築部には柱がありますが、構造上、撤去できなかったので、そのまま残ります。周りがクロスできれいになるので、柱にもクロスを貼ります。クロスを貼れるように柱に合板を張ります。

クロスを貼って仕上げます

増築部にクロスを貼る準備ができました。

この後は、クロス専門の職人の仕事になります。

リビングの壁にもボードを張ります

リビングの壁にも石膏ボードを張ります。

正面に見えているのは隣の洋室との間仕切り壁です。引き戸を引き込む壁にもクロスを貼ります。

ボードを張ると、一気にお部屋らしくなってきました。

クローゼットの壁下地を設置

既存の和室の床の間と押入れは大きなクローゼットになります。

クローゼットの中の壁もクロスを貼ってきれいに仕上げるので、壁に下地を設置しました。

関連のヤマナカ工事の日記を見る