忠岡町でクレイドル浴槽を採用したTOTOサザナを設置! 約125万円(工期7日間)

忠岡町の浴室リフォームの施工事例です。

タイル張りの在来のお風呂からユニットバスへの入替です。

 

既存のお風呂は長年大切に使用されていましたが、冬場の入浴時に寒いのと、お掃除が大変なことが気になっていたそうです。この工事でキッチンや洗面台入替なども同時に改修し、水回りを一新することになりました。新しく設置したのはTOTOのサザナ(1717サイズ)です。

浴室の窓は二重窓に入替えたいとのご希望でしたが、施工上、取付することができなかったので、シングルガラスの窓に入替て面格子も取付けています。浴槽は体がすっぽりと包み込まれる形状のクレイドル浴槽です。

Before

arrow

既存のお風呂は在来のタイル張りで、冬場の入浴が寒く感じていたそうです。

また、タイル部のお手入れも大変だったので、最新のユニットバスに入替えることをご決断されました。

After

新しく設置したのはTOTOのサザナです。

1717サイズの広々とした浴室です。

アクセントパネルは「フレスコウッド」

浴槽・エプロンは「ホワイト」

床は「ベージュ」です。

浴室の断熱効果を上げるために窓を二重窓に交換したい、とのご希望でしたが、施工上取付けることができなかったので、シングルガラスの窓と、目隠し効果があるルーバー式の面格子を採用しました。

冬場の入浴が快適になるように、浴室換気暖房乾燥機を設置しました。

 

浴室内を暖めることができ、洗濯物を乾燥させることもできます。

浴槽は「クレイドル浴槽」を採用!

 

体をすっぽりと包み込むような浴槽なので、ゆっくりと寛いだ姿勢でご入浴いただけます。

首を浴槽の淵にのせることができるのでリラックスできますよ!

 

また、断熱風呂蓋とセットになっている「魔法瓶浴槽」なので、お湯が冷めにくく、時間差での入浴時に助かります。

お風呂入替工事の様子

タイルを割って解体します

既存の床や壁のタイル、天井を割って解体し、浴室内を空っぽにします。

配管を通します

既存の浴室を解体・撤去した後、コンクリートで土間基礎を打設しました。

その後、新しいユニットバスの給水管を通します。

断熱材を入れました

断熱効果を向上させるために、外部に面した壁に断熱材を入れました。

以前は断熱材が入っていなかったので、気分的にも安心です。

床のベースを設置します

土間基礎を乾燥させた後、TOTOのメーカーの職人がユニットバスを組み立てます。

 

床のベースを設置し、壁パネルや浴槽を順番に施工していきます。

浴槽を据え付けて壁パネルも取付け

浴槽や壁パネルを取付けて窓周りには専用の窓枠を取付けました。

水栓や棚も取付けました

水栓や手すり、棚などを指定の位置に取り付けて完了です!

「冬場の入浴が寒くてしょうがない」「タイルのお掃除が大変!」

など、お風呂のことでお困りでしたらやまなか工務店にご相談くださいね。

 

この施工事例の現場ブログを初めから(忠岡町のお風呂などの水回り入替と内装リフォームの現地調査)

 

お風呂入替工事  TOTO サザナ 1717サイズ

工期 約8日間   工事費 約125万円(税込)

(解体・撤去、施工費等、窓入替含む)

関連の施工実績(事例別料金プラン集)を見る