HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市の増築部の外壁にモルタルを塗装 10/25

岸和田市の増築部の外壁にモルタルを塗装 10/25

岸和田市N様邸 各所改修工事 


岸和田市の各所リフォーム工事で、増築部の外部の工事をご紹介します。キッチンの収納スペースを増やすために、裏庭に増築する工事です。

ラス網を張ります

透湿防水シートの上にラス網と言うモルタルを塗るための下地の金網を貼ってからモルタルを塗装します。ラス網はモルタルの剥落を防ぐためのもので、これにより垂直部分へのモルタル塗装が可能になります。ラス網を貼らないと、モルたりが重みの影響で塗った箇所から下に下がってしまいます。

庇にもラス網を張りました

庇にもモルタルを塗るので、ラス網を周囲に貼りました。

ラス網はタッカーと言う大きなホッチキスのような道具で留めていきます。

モルタルを塗装します

続いて、モルタルを塗装していきます。

 

垂直部分にモルタルを塗るときは、厚く塗りすぎると下に下がってしまうので、2回に分けて塗り重ねます。

コーナー部材を入れました

外壁の角にはコーナー部材(コーナー定木)を入れます。

コーナー部材があると、角がきれいに仕上がりますし、施工スピードも速くなります。

2回に分けて塗ります

増築部の外壁にモルタルを塗装しました。

このままではモルタルの層が薄いので、乾燥させてから上塗りします。先ほどもお伝えしましたが、1回塗りで完成させようとすると、モルタルが重みで下に下がってしまいます。

乾燥してから塗り重ねます

上塗りしてモルタルに厚みを持たせます。

上塗りは仕上げ塗りになるので、金鏝で表面をなでつけて平らに仕上げます。

塗装して完了です

モルタル上塗り完了です。

この後、しっかりと乾燥させて、外壁塗装時に増築部も塗装します。

関連のヤマナカ工事の日記を見る