HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >屋根の下拭き材・ルーフィングと外壁のラスカット設置など 5/13 岸和田市吉井町

屋根の下拭き材・ルーフィングと外壁のラスカット設置など 5/13 岸和田市吉井町

岸和田市 M様邸 改修工事 13日目 

ゴムアスルーフィングを張ります!

岸和田市吉井町で前日、増築部の屋根やサッシなどを設置を行いました。本日は、屋根に設置した構造用合板の上にゴムアスルーフィングを張り防水します。

屋根を防水しました!

ゴムアスルーフィングはゴムアスファルトを混ぜた屋根用の防水シートで、屋根の下地の上に敷いて釘で固定します。
滑りにくく、汚れや破れにも強い下葺材です。

筋交いを入れます!

増築部の壁に筋交いを設置しています。

筋交いとは、地震や風などで建物が倒れたりしないように、柱と柱の間に斜めに入れる材のことです。筋交いの接合部は既定の金物でしっかりと固定されています。

火打ち金物設置

火打ち金物を設置しています。

火打ちとは、梁・桁(けた)、土台のコーナー部分がしっかりと固定されるように斜めにかけ渡された補強材のことで、地震や台風時に発生する横向きの力による変形を防ぐ役割があります。

外壁にラスカットを張ります!

M様邸の既存の外壁はモルタルの塗り壁です。増築部の外壁も既存の外壁に合わせて設置するので、ラスカットというモルタルの下地材を張っています。

この上にモルタルを塗って、最後に塗装して仕上げます。

目地にコーキング充填

外壁にラスカットを張った後、ラスカットを留めたビスと目地にコーキングを充填して防水しました。

ラスカットは、モルタルとの密着が強く、雨水等の浸入を防ぐために2重、3重の層でできています。

関連のヤマナカ工事の日記を見る