HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >土間基礎が乾いたので部材を組み立てユニットバスを設置します! 8/17 岸和田市

土間基礎が乾いたので部材を組み立てユニットバスを設置します! 8/17 岸和田市

岸和田市Y様邸 お風呂入替その他改修工事

ユニットバスを設置します

岸和田市のお風呂入れ替えなどの工事で前日、割れたガラス建具の修理や洗面所の取り合いの腐食した土台の交換などを行いました。

本日は、乾燥させていたユニットバスの土間基礎が乾いたのでユニットバスの設置を行っています。

ユニットバスは浴槽の他に壁パネルや枠材、床材などがバラバラの状態で搬入されるので、専門の職人が二人掛かりで部材を組み立てていきます。

床から設置します

先だって既存のお風呂場を撤去し、コンクリートで土間基礎を打設したので、そこにユニットバスを組み立て・設置していきます。

まずはユニットバスを支える架台からです。

床から設置します

架台を設置した後、浴槽を据え付けました。続いてユニットバスの壁パネルを取付けるための枠材を取付けて、そこに写真のパネルをはめ込んで取り付けていきます。

壁には手すりやシャワー、棚などを取付けるので先に取付け位置を確認して印を入れています。

部材を組み立てながら設置します

架台、床、浴槽、壁パネル、窓枠部材やシャワーなどの部材を取付けていくと、ユニットバスのかたちになります。

ユニットバスは既存のお風呂を撤去した部分にできた空間に部材を組み立てて設置するお風呂です。

最後にコーキング処理します

全ての部材を組み立て・取付け、最後にコーキング処理を行います。

浴槽と壁との取り合いや、窓枠周辺、継ぎ目などの隙間にコーキングを充填して防水します。

ユニットバス設置完了

TOTOのユニットバス・サザナ設置完了です。

この後、給湯器の接続や電気工事、洗面所の工事が残っているので、お風呂が使えるようになるまで傷付けないように専用の保護材を取付けておきました。

 

次は給湯器の接続および雑排水設備の修理などを行います。

 

前日はこちら(岸和田市の建具のガラスや腐食した土台の交換など) 

 

つづきはこちら(岸和田市の雑排水設備の改修など)

関連のヤマナカ工事の日記を見る