HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市でTOTOのユニットバスサザナ(1717サイズ)を設置! 5/29

岸和田市でTOTOのユニットバスサザナ(1717サイズ)を設置! 5/29

岸和田市S様邸 全面リフォーム工事・ユニットバス入替 


岸和田市のユニットバスからユニットバスへの入替で、前回の記事で浴室の解体の様子をご紹介しました。続いてユニットバスの設置です。ユニットバス専門のスタッフが色んな部材を組み立てて設置していきます。S様邸はTOTOのサザナを採用されました。1717サイズの広くて豪華なお風呂です。この工事で給湯器も入れ替えました。

天井に断熱材を入れました

浴室の壁には断熱材が入っていましたが、天井には入っていなかったので、先に敷き詰めました。

ユニットバスを設置します

S様邸のユニットバスの部材が運び込まれました。

浴槽や壁パネル、水栓などの部材がバラバラの状態できちんと梱包された状態で搬入されます。

断熱仕様の大きな浴槽です

浴槽は、断熱仕様の「魔法びん浴槽」です。4時間が過ぎても約2.5℃しか温度が下がらない保温性能があります。時間差で入浴する時は重宝しますね!

洗い場の床を設置

ユニットバスの設置はユニットバス専門のスタッフが行います。通常、二人一組で作業します。

まずは洗い場の床を支える架台を設置します。

壁パネルを設置し水栓などを取付け

続いて浴槽を据え付け、周囲にフレームを固定します。そのフレームに壁や天井パネルを取付けていきます。次に、鏡や棚、手すり、水栓などの部材を固定します。

引き戸も取付け

出入り口に枠を設置し、引き戸を入れました。ユニットバスの出入り口には、引き戸、折れ戸、開き戸の中からお選びいただけます。(間取りやスペースによっては引き戸を取付けられないことがあります)

窓枠周りにシーリング充填

既存の窓は再利用します。ユニットバスは浴室の空間の中に壁を設置するため、窓との取り合いに隙間ができます。その隙間を埋めるために、専用の窓枠を取付けました。窓枠との取り合いから水が入らないようにきちんとシーリングで防水しました。

点検蓋をはめ込みます

浴槽や水栓、引き戸などを傷つけないように養生(保護)し、最後に天井の点検蓋をはめ込みました。

ユニットバスのスタッフはここまでの作業になります。

リモコンを取付け

ユニットバス設置後、電気の職人が浴室暖房換気扇を接続し、浴室リモコンを取付けます。

配管を接続します

続いて設備の職人が浴槽のエプロンを取り外して給水管を接続します。

給湯器入替

この工事で古くなった給湯器を入れ替えました。ダイキンのエコキュートです。

TOTOのサザナ

ユニットバス設置完了です。

新しいお風呂はTOTOのサザナ(1717サイズ)です。

浴槽は半身浴ができてお湯も節約できる「ゆるリラ浴槽」です。頭と首をサポートしてくれる形状なのでゆたりとご入浴いただけます。壁パネルもワンランク上のタイプを採用したので落ち着きと高級感があります。

関連のヤマナカ工事の日記を見る