HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市の屋根塗装でセメント瓦を3回塗りしました 4/3

岸和田市の屋根塗装でセメント瓦を3回塗りしました 4/3

岸和田市M様邸 屋根・外壁塗装とその他改修工事 

 

岸和田市の屋根・外壁塗装工事で前回、高圧洗浄の様子をご紹介しました。今回は屋根の塗装をお伝えします。

各所を養生

屋根と外壁についた汚れや古くなった塗膜などを高圧洗浄で落とし、乾燥させてから窓周りや雨樋、玄関周辺、アプローチなどにシートをかけて養生しました。

塗装する際に、塗装しない部分を塗料で汚してしまわないように保護する工程です。

屋根を下塗り

M様邸の屋根はセメント瓦で、経年で色あせていました。M様も屋根の白っぽくなってる、と心配されていました。セメント瓦はもともと水分を吸い込みやすい性質があり表面を塗装して仕上げています。その塗膜が剥がれてくると水分を吸収してしまい、瓦の劣化が進んでしまいます。

まずは下塗りを行い、瓦が塗料を吸い込むのを抑えます。

下屋も塗装

劣化したセメント瓦は塗料をよく吸い込むので、せっかく塗った塗料の意味がなくなってしまいます。ですので、吸い込みを抑える塗料で下塗りしてから中塗り・上塗りします。

下塗りは上塗り塗料をしっかりと密着させるための工程でもあります。

中塗りの工程

下塗りで下地を調整してから中塗りを行います。

中塗りは上塗り塗料と同じ塗料を使用することがほとんどです。

1回塗りでは厚膜に仕上がらないですし、必ず塗りムラができるので2回に分けて塗装します。

上塗りで仕上げます

塗膜を2重にするため、中塗りをしっかり乾燥させてから上塗りします。

2回塗り重ねることで厚膜で丈夫な塗膜に仕上がります。

塗膜が剥がれて色あせています

屋根塗装前の様子です。

 

屋根全体が色あせて、下から見ても塗装が傷んでいるのが分かりました。

重厚感のある屋根完成

濃い色に塗り替えて、重厚感のある屋根が完成しました。

写真は外壁も塗装した後の様子ですが、壁の色とメリハリがあって美しい仕上がりです。

もしあなたも、セメント瓦のことで気になることがございましたらお気軽にご相談下さい。

 

前日はこちら(岸和田市の塗装の高圧洗浄) 

 

つづきはこちら(岸和田市のモルタル外壁の塗装)

 

現地調査はこちら(岸和田市の外壁塗装などの現地調査)

関連のヤマナカ工事の日記を見る