HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >植え込みの土と土留めのブロックを撤去し砕石を敷きました! 10/29 岸和田市

植え込みの土と土留めのブロックを撤去し砕石を敷きました! 10/29 岸和田市

岸和田市N様邸 屋根葺き替えを含めた改修工事

重機を使って植え込みを撤去します

岸和田市の屋根葺き替え・外壁塗装その他改修工事で前回、外構の植え込みと塀の撤去の様子をご紹介しました。今回も引き続き外構工事をお伝えします。

植込みの土も撤去するので手作業では作業効率が悪いので重機を使っての作業です。

土を撤去します

前日に、塀の一部や植木の撤去を行ったので、続いて植込みの土留めのブロックを撤去します。

 

砕石を敷く分掘り下げます

既存のカーポートの土間と同じ高さでコンクリート土間を打つので、地面を補強する際に敷く砕石の分をふまえて地面を掘り下げます。

植え込みがあったライン

塀の色が変わっている部分まで植え込みの土がありました。

この部分はモルタルできれいに補修し、塀の内側を塗装して仕上げます。

砕石を敷きます

規定の位置まで地面を掘り下げて、補強の砕石を敷きます。

砕石を敷いてしっかりと締め固めてから土間を打つと、コンクリートのひび割れを少なくすることができます。

転圧して土間を設置

砕石を敷いた後の様子です。

玄関アプローチと既存のカーポートの土間の高さに合わせてコンクリートで土間を打ちます。

専用の機械で地面を締め固める作業を「転圧」と言い、その作業を行ってから補強の鉄筋を入れて土間打ちを行います。

 

前日はこちら(岸和田市の改修工事着工) 

 

つづきはこちら(岸和田市の屋根葺き替えの既存瓦の撤去など)

 

現地調査はこちら(岸和田市の屋根葺き替えを含めた改修工事)

関連のヤマナカ工事の日記を見る