HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市で鳥の巣の撤去作業を行ないました! 8/7

岸和田市で鳥の巣の撤去作業を行ないました! 8/7

岸和田市で行った「鳥の巣の撤去」の様子をご紹介します。

 

「2階の雨樋のところに鳥が巣を作ってしまったんです。鳥の雛が巣立ったらまた連絡するので巣を撤去してもらえませんか?」というご相談をいただきました。

鳥獣保護法

鳥の巣を撤去する際には注意しないといけない点があります。

 

それは「雛」です。

鳥獣保護法により、雛がいる場合は鳥の巣を撤去することも移動することもできません!したがって雛が巣立つまで待たないといけないのです。

 

M様もそのことをご存じで、雛が巣立ってから再びご連絡をいただきました。

 

岸和田市の鳥の巣を撤去してほしいとのご相談

岸和田市M様邸は木造・2階建ての住宅で、最近屋根と外壁の塗装をされたそうですが、鳥が巣を作ったことで、糞に悩まされていました。

 

ご主人様が窓から鳥の巣を撤去しようとしたそうですが、できなかったそうです。

 

岸和田市の呼び樋の中に巣を作っているようです

鳥が巣を作っていたのは呼び樋の中です。

 

呼び樋とは横向きの雨樋と縦向きの雨樋を結ぶ斜めに渡した短い樋のことです。

 

雨樋とは・・屋根に落ちてきた雨水を受けて地上や地下に排出させる設備のこと

 

岸和田市の呼び樋と軒天

M様邸の呼び樋は、一般的な呼び樋よりも幅が広く、真上に軒天がかかっていたので雨風を凌ぐことができ、鳥たちにとって快適な環境だったのでしょう。

 

ですが、鳥の巣を撤去するとなると、軒天との間の隙間が狭いので手がすべて入りません。

そのことを踏まえて、鳥の巣撤去のために適切な道具を準備しました。

 

岸和田市の鳥の巣を撤去します

M様邸の鳥の巣は2階の呼び樋に作られていたので、作業には危険が伴いました。

 

梯子を安全に立てることができない場合は、作業のための足場を設置しないといけません!

M様邸は梯子での作業ができたので、足場の費用がかからずにすみました。

 

岸和田市の雨樋の中に作った巣

手作業で、鳥の巣を掻き出すようにして取り除きました!

 

木の枝や屋根の漆喰、土など、色んなものを運び込んで鳥の巣が作られていました。

 

「よくこれだのものを運び込んだなぁ。鳥ってすごいなぁ」と感心しました。

呼び樋の中には雨水がたくさん流れ込むのに、鳥の巣が流されずにいたのは、漆喰やコンクリートのかけらを下に敷いていたかもしれません。雨水のことを理解したうえでそのような形状で巣を作ったかは分かりませんが、改めて動物の本能について考えさせられました。

 

岸和田市の現場を清掃

鳥の巣を撤去する際には少なからず土や木の枝が下に落ちます。

 

真下にあるカーポートの屋根にも土などが落ちたので、きれいに掃除をして作業完了です!

最後に・・・

やまなか工務店・鳥の巣

やまなか工務店は鳥の巣を撤去する専門業者ではありません。

そのため、鳥の巣の撤去のご相談をいただいても対応できない場合がありますのでご了承ください。