HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >泉佐野市でユニットバスからユニットバスへ入替 9/20

泉佐野市でユニットバスからユニットバスへ入替 9/20

泉佐野市I様邸 ユニットバスリフォーム 

外壁塗装 工事の記録 泉佐野市 I様邸

以前外壁塗装やキッチン入替などをしていただいた泉佐野市I様邸のユニットバスリフォームのご紹介です。既存のお風呂はユニットバスで、古くなってきたので最新型のユニットバスに入替えることになりました。新しいお風呂はパナソニックのLクラスを採用されました。きめ細かい泡が出る「酸素美泡湯」が特徴です。また、テレビも取付けるので浴槽に浸かりながらゆっくりとお楽しみいただけます。工事着工は既存のユニットバスの解体などです。

洗面台を仮撤去

ユニットバスを解体・撤去する時に洗面台があると搬出しにくいので先に仮撤去しました。今回の工事で洗面所の内装も行います。洗面台は再利用するので別のお部屋に仮置きしました。

ユニットバスを撤去します

続いてユニットバスを解体・撤去します。

在来のお風呂の解体の場合、タイル壁などを撤去する時に大きな音と大量のホコリが舞い、作業する職人もお施主様も大変ですが、ユニットバスの解体は組み立てたパネルなどをバラしていく作業なのでスムーズに進みます。壁はタイルに見えますが、パネルです。

壁パネルを撤去

解体した部材は随時屋外へ運び出します。写真は解体した壁パネルです。

I様邸の浴室は2階にあるので、運び出す時に壁などにぶつけて傷つけないよう慎重に作業を進めます。

浴槽は半分に割って搬出

通常は浴槽を撤去する時、そのまま運び出すのですが、先ほどもお伝えしたように浴室が2階にあるので、そのままだと階段など通りにくいので半分に割って運び出しました。

間仕切り壁を撤去

浴室と洗面所の間仕切り壁も解体・撤去しました。

既存のユニットバスの入り口よりも大きくなるので壁も解体して設置しなおす必要があります。また、既存の入り口は折れ戸でしたが、使いやすい引き戸になります。

次はユニットバスの設置の様子をご紹介します。

 

つづきはこちら(泉佐野市のパナソニックのユニットバス設置)

関連のヤマナカ工事の日記を見る