HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >泉大津市の2階のシャッター付きの窓を入替 3/23

泉大津市の2階のシャッター付きの窓を入替 3/23

泉大津市O様邸 腰窓と雨戸シャッター入替工事 

泉大津市のO様より「台風で窓のシャッターのボックスが飛んでしまったんです」とのご相談があり現地調査を行い窓及びシャッターの入替工事を行いました。同じ形状のものがもう製造されておらず、シャッター付きの窓を設置されていたので、シャッターのみの交換ができませんでした。ですので、シャッターに加えて窓も入れ替えることになりました。また、台風時の飛散物で外壁に傷が付いていたので補修工事も行いました。

シャッターボックスが飛散したとのご相談

被害状況です。

2階に設置されているシャッター付き腰窓で、シャッターボックスが強風に飛ばされてなくなっていました。

飛ばされたボックスがあれば取付工事ができましたが、無かったので、窓とシャッターを入れ替えることになりました。

外壁に傷が付いています!

外壁に付いた傷です。

O様邸の外壁はALCパネルを張っており、そのパネルと帯(見切り材)が傷ついていました。また、外壁には飛んできた破片が突き刺さったままの状態でした。

部分足場を建てました

2階の窓や雨戸の入替では外壁の修復をしないといけないので作業用の足場が必要になります。O様邸にも窓の前に部分足場を設置しました。

写真は足場を建てて既存のシャッターと窓のガラスを外した様子です。

外壁をカットして既存の窓を撤去します

既存の窓周りを電動カッターでカットし、窓を撤去します。

既存の窓は淵が外壁に飲み込まれている為、撤去するとなると飲み込み分をカットしないといけません。

窓を入替てシャッターボックスを取付け

既存のシャッターと窓を撤去し、新しい窓とシャッターを取付けました。

シャッターを巻き込むボックスも取付けます。

網戸を取付けます

シャッターボックスを固定し、網戸も取付けました。

シャッターやサッシ、網戸の色は数種類からお選びいただけますが、既存と同じ色を採用しました。

窓周りにはシーリングを充填して防水

窓及びシャッターを取付けたあと、外壁との取り合いにシーリングを充填してしっかりと防水しました。

防水専門の職人が作業したので分厚いシーリングもきれいに充填できています。今回は塗装をしないので、紫外線に強いシーリングを使用しました。

窓入替完了

シャッター及び窓の入替完了です。

「シャッターを巻き込む部分が丸見えだったので、落ちてきそうで怖くてシャッターを開けられなかったんです。これで安心して使えます」

O様の不安が解消されて良かったです。

穴埋めパテで補修

外壁の傷を補修しました。

そのまま塗装しても凹みが目立つので、先に「穴埋めパテ」という補修材を詰めて形を整えました。

刺さっていたものを抜いて補修

外壁に刺さっていたものを撤去し、同じくパテで修復しました。

この後、塗装の職人が塗装して色合わせの補修を行います。

似た色で塗装しました

既存の外壁にできるだけ近い色で塗装して補修完了です。

 

台風で窓が割れそうで心配な方、面格子やシャッターを取付けてはいかがですか?やまなか工務店は窓のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談くださいね。

関連のヤマナカ工事の日記を見る