HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >既存クロスの撤去と壁の穴開き修理、外壁の目地打ち替えも行ています! 12/18 岸和田市西之内町

既存クロスの撤去と壁の穴開き修理、外壁の目地打ち替えも行ています! 12/18 岸和田市西之内町

岸和田市西之内町 T様邸 屋根塗装とその他改修工事/クロス張替え・外壁目地打ち替え

既存のクロスをめくっています

岸和田市西之内町の改修工事で前日、雨漏り修理を行いました。本日は、内装のクロス張替えで既存クロスの撤去や壁の修理、同時に外壁の目地打ち替えなども行っています!

写真は一階のリビングの既存クロスを撤去している様子です。雨漏りをきちんと修理したのでクロス張りを行うことができます。

壁を補修

同じお部屋の壁で穴が開いていた箇所があったので、穴を塞いでいます。

穴が開いた部分の周りを四角くカットして、壁の内側に下地を入れてから、カットした部分に合わせて石膏ボードを張ります。

壁のクロスも張替えるので、補修跡は分からなくなります。

外壁の目地を打ち替えます!

同時に外壁の目地打ち替えも行っています。

T様邸はサイディングパネルの外壁で、パネル同士の継ぎ目に施工しているシーリングが劣化して割れてきていました。

サイディングの反りも気になるということだったので、ビスで留め付けることになりました。

既存のシーリングを撤去します!

劣化してひび割れてきたシーリングを撤去しています。

シーリングが割れたり剥離してくるとそこから雨水が浸入して雨漏りに唾がることがあります。また、目地から水が入ると、ボードの内側を濡らしてしまうのでボード自体の劣化を進めてしまいます。

窓周りも打ち替えます!

外壁の目地はもちろん、窓周りや庇回りに施工しているシーリングも打ち替えます。

シーリングは外壁に付帯する部分の取り合いなど、防水を必要とする箇所に施工していて、同時期に劣化するので、足場があるうちに全て打ちかえるといいでしょう。

プライマー塗布

既存のシーリングを撤去した後、目地の溝に中に下地処理剤(プライマー)を塗り込みます。これはシーリングをしっかりとくっつけるための接着剤のような役割があるので、必ず行う工程です。

シーリング充填

プライマーを隅々塗り込んだ後、シーリングを充填していきます。

両サイドに汚れを防止するマスキングテープを貼っているので、多めにのせても大丈夫です。

サッシ回りも打ち替えました!

出窓の周りなどのシーリングも打ち替えました。

シーリング充填後、溝の中に空洞ができないようにヘラで押さえてしっかりと押し込んで表面をきれいに整え、マスキングテープを剥がして打ち替え完了です。

 

外壁の目地シーリングは劣化してくると硬くなりひび割れてくるので、一度ご自身で劣化の状況を確認してみましょう。

 

前日はこちら(岸和田市の足場設置と雨漏り修理) 

 

つづきはこちら(岸和田市の内装工事・クロスと床の張替)

 

現地調査はこちら(岸和田市の雨漏り修理や内装などの現地調査)

関連のヤマナカ工事の日記を見る