HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >忠岡町のキッチンの内装やカップボードのご相談です! 11/6

忠岡町のキッチンの内装やカップボードのご相談です! 11/6

忠岡町K様邸 キッチン内装工事 


以前やまなか工務店で耐震改修工事や屋根葺き替えなどの工事をしていただいた忠岡町のK様よりキッチンの内装のご相談があり現地調査にお伺いしました。

キッチンの内装のご相談

キッチンにある作り付けの収納を撤去して、カップボードを設置し、収納の両側にマグネットが使えるキッチンパネルを張ってほしい、とのご希望です。タカラスタンダードのカップボードにエンドパネルを張ると、マグネットがくっつくので、そのカップボードを採用しました。他、キッチンの床の張り替えや勝手口の入替なども行うことになりました。

収納を撤去してカップボードを設置

キッチンには天井までの高さの作り付けの収納がありましたが、木製のガラス建具が重くて使いにくくなったことから、もう少し小さなカップボードに交換することになりました。

収納の両側でマグネットが使えると便利だ、ということで、マグネットが使えるタカラスタンダードのカップボードを採用しました。

床を張り替えます

「キッチンの床の汚れが気になっている」とのことで、張り替えることになりました。

 

以前、耐震工事などを行っている最中にもご相談があったのですが、「頃合いを見てまたお願いします」と様子を見られていましたが、やはり気になってしょうがないので工事してほしいとお声かけ頂きました。

見切り材を取付け

キッチンの既存の床を撤去してから張り替えるとその分費用が掛かるので、既存の床の上に新しいフローリングを上張りすることになりました。

キッチンと廊下との取り合いの床の高さがほとんど同じで、新しいフローリングを上張りすると段差ができてしまうので、見切り材を取付けて仕上げることになりました。

框を取付けます

キッチンには勝手口があり、そこの土間に下りる部分の上り口には框を取付けます。

 

リフォーム用の框は既存の框の上に被せて取付けることが可能です。フローリングの共材で作った框なので、違和感なくきれいに仕上がります。

踏み台を塗装します

勝手口の土間に下りる時に段差があるので、三角の踏み台を置いて使用されていましたが、月日とともに汚れが目立ってきて気になるので塗装してほしい、とのご希望です。

採風の勝手口ドアに入替

勝手口は採風ドアに入替えます。

 

ドアを閉めたまま網戸が使えて採風ができる便利な勝手口になります。