HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市の入替えた玄関引き戸の周りの壁の復旧 8/14

岸和田市の入替えた玄関引き戸の周りの壁の復旧 8/14

岸和田市N様邸 玄関ドアと出窓入替工事

 

岸和田市の玄関引き戸入替工事で前回、新しい玄関引き戸の設置の様子をご紹介しました。

続いて設置した玄関周りの復旧をお伝えします。

撤去したタイル部分をモルタルで復旧

N様邸は既存の玄関引き戸よりも大きなサイズの引き戸に入替えたので、開口を広げるために周囲の壁や小窓を撤去しました。玄関引き戸のサイズに合わせて撤去しましたが、取り合い部の隙間を埋めたりきれいに仕上げるためにモルタルを使用します。また、レールを取付ける際に撤去した敷居の隙間の復旧も行います。

モルタルで復旧完了

レールと敷居を撤去する際に玄関土間のタイルを一列剥がしました。

同じタイルがもう販売されていませんし、タイルで復旧するとなるとタイル職人の作業になり、一業種増えることから費用もその分かさんでしまいます。そのことを踏まえて今回はモルタルでの仕上げになりました。

レールの下も復旧完了

レールの下の隙間にもモルタルを詰めて復旧・固定しました。

漏るかるが完全に乾くまで踏まないよう注意していただき、乾燥後は踏んでいただいても大丈夫です。

玄関周りの壁も復旧します!

玄関周りの外壁もモルタルで復旧します。

新しい玄関引き戸に合わせて開口をあけ、そこに取付けましたが、下地が見えますし隙間もある状態です。このままでは隙間風や雨が入るので、きちんと仕舞いします。

玄関周りも復旧しました

玄関周りにモルタルを塗って復旧しました。

表面を金鏝でなでつけてきれいに整えましたが、このままでは目立ってしまうので塗装して仕上げます。

関連のヤマナカ工事の日記を見る