HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市で外構のブロック塀や門柱、植え込みを解体 10/8

岸和田市で外構のブロック塀や門柱、植え込みを解体 10/8

岸和田市N様邸 各所改修工事

 

岸和田市のN様邸の各所改修工事のご紹介です。M様邸はキッチンやトイレも入れ替えるので、工事の前にショールームに行き、お好みの製品をお選びいただきました。また、事前の打ち合わせでは床やクロス、建具、外壁の色などの色決めも行います。

ショールーム見学

事前にN様ご夫婦とご一緒にショールームで製品の説明を聞きました。

そこで、キッチンのデザインや高さなどの仕様を決定します。

床の色を決めます

工事の契約を結ぶと、各準備を行います。

床やクロス、外壁の色決めも重要な打ち合わせの一つです。

写真は床のフローリングの色決めをしている様子です。

インターホンを移設しました

ブロック塀や門柱を撤去するので、インターホンを使えるように移設しました。

壁に取付けました

玄関横の壁にインターホンを取付けて、簡易ポストは反対側に取付けました。

塀や植木を撤去します

工事初日は外構部の解体です。

ブロック塀や門柱、植木、庭石などを撤去して均します。

重機で解体します

重機を搬入し、ブロック塀や植え込みを解体しました。重機があれば大きな庭石も楽々運べます。

これにより、オープン外構になり、車を駐車できます。

砕石を敷きます

解体した部分にはコンクリートで土間を打ちます。

地盤を固めるために砕石を敷きます。コンクリートを打設するのは工事の最後ですが、土のままでは前面道路や玄関が汚れますので、先に砕石を敷いて養生します。

 

現地調査はこちら(岸和田市の外構や内装の現地調査)

 

つづきはこちら(岸和田市の土壁などの解体)

関連のヤマナカ工事の日記を見る