HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >泉大津市の台風で倒れたブロック塀を修理!6/20

泉大津市の台風で倒れたブロック塀を修理!6/20

泉大津市のブロック塀の修理

泉大津市で行ったブロック塀の修理の様子をご紹介します。

 

台風でブロック塀と上に設置されてたアルミのフェンスが一部倒れたというご相談をいただきました。フェンスは風を受けてしまうので、ブロックだけを修理することになりました。幸い塀自体に問題は無かったので欠損している部分だけを修理します。

泉大津市の倒れたブロックの残ったモルタルを撤去

台風でブロックが部分的に倒れてしまったので、その部分のブロックを積みます。

 

ブロックの継ぎ目に挟んでいるモルタルが残っていたので、削って取り除きました。表面がガタガタしているとブロックをきちんと詰めないからです。

泉大津市の補強の鉄筋を埋め込む穴を開けます

既存のブロックと新しく積むブロックを繋げないと強度が保てないので、既存音ブロックに穴を開けて長い鉄筋を差し込んで繋げます。

泉大津市のブロックに穴をあけて鉄筋を差し込みます

写真のように長い補強の鉄筋を差し込んでブロックを積むことで既存のブロックと一体になります。

 

鉄筋の長さはカットして調整します。

泉大津市のブロックにモルタルを挟みます

補強の鉄筋を差し込んで、間にモルタルをのせてブロックを積みました。

 

ブロックの穴すべてにモルタルを詰めると重くなり万が一倒壊した時に危険なので、鉄筋を入れている穴だけにモルタルを詰めます。取り合いの溝にはモルタルを敷き詰めます。

泉大津市のブロックの天端を金鏝で仕上げました

ブロックを積み上げた後、天端を撫でて平らに仕上げました。

 

この作業は金鏝(かなごて)という道具を使用しました。

泉大津市のブロックの目地を押さえました

ブロックの目地からはみ出たモルタルを取り除き、目地コテでおさて整えました。

 

目地を押さえないと見た目が雑然として美しく仕上がりません。

 

 

泉大津市のブロックの天端にタイルをのせて仕上げます

ブロックの天端に雨水が溜まらないようにおしゃれなタイルを張りました。

 

木の定規をあてて真っすぐ施工しています。タイルを張ることで、意匠性も持たせることができます。

泉大津市のブロック修理完了

ブロック塀の修理完了です!

 

同じデザインのブロックがもう製造されていませんでしたが、似たブロックをご用意して修理すると違和感なく仕上がりました(*^-^*)

 

Y様邸の工事はこれで完了となりました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ブロック塀の修理や撤去をご検討されている方はやまなか工務店にお任せくださいね!

 

現地調査はこちら

➡ 泉大津市の伸縮ゲートを車にぶつけられたというご相談です! 

 

伸縮ゲート交換はこちら
➡ 泉大津市のじゃばらの伸縮ゲートを交換しました!