HOMEブログ住育アドバイザー 山中雅子のブログ >帯状疱疹と長女の「魚に足が生えたもの」? 岸和田市 山中 雅子 ブログ

帯状疱疹と長女の「魚に足が生えたもの」? 岸和田市 山中 雅子 ブログ

2ケ程前、帯状疱疹になり、主人が心配してくれました。心癒された長女の「魚に足が生えたもの」?とは・・ 岸和田市 山中 雅子 ブログ

こんにちは!山中 雅子です。本日も読んで下さり、ありがとうございます!

今日も元気に仕事をしております。

山中 雅子 仕事中

今朝のテレビで「帯状疱疹」についてどんな症状かなど詳しく放映され、主人が見ていました。

その後、主人「帯状疱疹はいつ頃、なったや?」

      私「私?今年の7月末ころ!」

     主人「大変やったな~」

      私「大変やったよ!痛かった~」と少しおおげさに答えました!

帯状疱疹とは?

いつになく心配してくれてるよう!

帯状疱疹とは、子供のころに水ぼうそうにかかり、その後潜在しているウイルスが、大人になって神経に沿って発症し、傷みを伴う神経の病気のようですが、原因は「疲れやストレス」からくるようです。

7月は、精神的に疲れていたのかなぁ。今はとっても元気なのですが!!

いつもは、こんなふうに声をかけてくれることは少ない人なので、少し嬉しく思いました(*'▽')

長女の作成したもの

また2.3日前になりますが、洗濯機をまわそうと、洗濯ものを入れようして、子供のポケットを見たら「魚に足が生えたもの」が連なって出てきました。

長女の作成したもの

いつもなら「またガラクタ入れて~」とイラッとくるのですが、これには、とても心癒され飾ってしまいました。

長女「○○○×××貼ってくれたの~」

私  「うん、かわいいからね~」

 

長女 「○○○×××っていうんだよ~」

 

工作名○○○×××なんだったか忘れてしまいました(-_-;)Mちゃん、癒してくれてありがとう!ガラクタをつくっているわけじゃなかったんだよね(*'▽')

 

前日のブログはこちら   つづきはこちら