HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >貝塚市でフローリングの床鳴り修理を行ないました! 7/15

貝塚市でフローリングの床鳴り修理を行ないました! 7/15

貝塚市にお住いの方で「床鳴り」でお困りの方はおられますか?

 

床を歩くたびに「ギシギシ」と鳴ると気になりますよね・・・。

床鳴りが発生する主な原因は「フローリング材の乾燥・膨張」または「床下の木材などがこすれあっている」ことです。

それぞれ対処方法が異なりますので、原因を見極めて修理しないといけません。

 

貝塚市にお住いのK様より「リビングの床がギシギシ鳴るんです」というご相談をいただき床鳴り修理を行なったので、その様子をご紹介したいと思います。

 

床鳴りでお困りの方は是非ご覧下さいね(*^-^*)

 

 

 

貝塚市で床鳴り修理のご相談をいただきました

貝塚市K様よりご相談があったのは、リビングの床鳴りです。

 

確認すると、2カ所で床鳴りが発生している状況でした。

 

 

貝塚市の床下収納庫から床下に入ります

床鳴りの原因をつきとめるために、床下に潜って確認しました。

 

K様邸の床下は土でしたので、ブルーシートを敷いてその上を移動します。

シートを敷かずにそのまま潜ると、床下から出た時にお部屋の中を土で汚してしまいます。そのため、きちんと養生してから調査をしました。

貝塚市の根太とフローリングの間にクサビを打ち込みます

K様邸のリビングの床は、根太の上にフローリングを直貼りした仕上げでした。

 

担当のスタッフが床下に潜った状態で、床鳴りしているフローリングの上を歩いて調査すると、根太とフローリングとの間に隙間ができて、木材同士がこすれあって床鳴りしていることが分かりました。

 

根太とは・・床を支える材

 

床鳴りの原因が分かったので、今回の修理では「クサビ」を使うことになりました。

 

貝塚市で使用するクサビをつくります

K様邸の床鳴り修理で使用するクサビを用意します。

 

クサビとは堅い木材や金属でつくった鋭角な三角形、またはV字型の部材のことです。

 

持参した角材を斜めにカットしてクサビをつくりました。

貝塚市で使用するクサビ

角材をカットしてつくったクサビです。

 

これを根太とフローリングの間に打ち込むことで隙間が塞がれて、床鳴りを解消することができます。

三角の形状なので、細い隙間に打ち込むことで床が動かなくなります。

貝塚市で使用するクサビに根太ボンドを塗布

クサビを打ち込むだけでは振動で抜けてきてしまうので、根太ボンドを塗布してから打ち込みます。

 

ボンドが乾燥すると、クサビが固定され、今後の床鳴りを防ぐことができます。

貝塚市で行った床鳴り修理

床鳴りが発生している箇所にクサビを打ち込みました。

 

僅かな隙間に打ち込むので、手の力だけでは奥まで押し込むことができません。そのため、金槌を使ってしっかりと打ち込みました。

 

 

クサビがしっかりと効くと、その瞬間に床鳴りが解消されます。

 

「え?こんなことで直るの?私、フローリングを張替えるのかなぁ、と思ってました。いい方法があるんですね~!」

床鳴りがきちんと解消されたので、奥様も驚かれていました。

 

念のため、リビングの床全体を確認して床鳴り修理完了です!

 

床鳴り修理をご検討されている方へ

床鳴り修理

「床がギシギシと鳴って気になる・・」

「床鳴りして床が抜けそうで怖い」

 

など、床鳴りのことでお困りの方はやまなか工務店にご相談くださいね!

 

ご相談・調査・お見積りは無料です。お気軽にお声かけくださいね!

しつこい営業もありません!

 

お電話でのご相談はフリーダイヤルで・・0120-103-718

 

メールでのご相談はこちら    

 

資料請求もできますよ~!こちらからお願いします!