HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >書斎の床がきしんで足元が頼りなくなったので張替えのご相談です!3/16 貝塚市

書斎の床がきしんで足元が頼りなくなったので張替えのご相談です!3/16 貝塚市

貝塚市 Y様邸 フローリング張替え工事

床張替の現地調査

貝塚市の住宅で、「書斎の床がきしんで頼りなくなったので張り替えてほしい」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。

一番傷んでいた部分は、机で使用するキャスター付きの椅子を置いているところでした。

階段の下やキッチンの立つところなど、よく行き来する部分は傷みが早いことが多いです。

別の部屋に家具を移動させて工事します

ご相談中に一番心配されていたのが、このお部屋に置いているたくさんの家具の事です。

本や机はもちろん、パソコン・テレビなどの電化製品も置いていたので、動かすのが大変だ、ということでした。

収納の中の物を出しておいていただいて、大きな家具はこちらの職人で移動させることになりました。

敷居の高さと揃っています

床の工事では、段差を解消するために既存の床の上に新しいフローリングを重ね張りすることがよくありますが、今回は既存の床が敷居の高さとほとんど同じだったので、既存の床をすべて撤去してから新しいフローリングを張ることになりました。

玄関建具の板の劣化

同時に、玄関の木製の建具修理のご相談もありました。

長い間大切に使用されてきましたが、外気にさらされていることもあり、建具の下端の木の表面が割れてめくれてきていました。

4枚張り替えます

この建具は家の雰囲気に合っているので、このまま使用したいとのことで、劣化した木部を張り替えることになりました。

建具の職人が合計4枚張り替えます。

 

次は家具移動を行います。

関連のヤマナカ工事の日記を見る