HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市の屋根・外壁の高圧洗浄で旧塗膜などをきれいに洗浄! 6/16

岸和田市の屋根・外壁の高圧洗浄で旧塗膜などをきれいに洗浄! 6/16

岸和田市S様邸 全面リフォーム工事・塗装リフォームの高圧洗浄 

 

岸和田市S様邸の全面リフォームの中の外装工事で、屋根と外壁の塗装で高圧洗浄の様子をご紹介します。

屋根と外壁を塗装します

S様邸の屋根はカラーベストという薄型の屋根材を葺いた屋根です。カラーベストは表面を塗膜で覆って防水されていますが、経年で塗膜が傷んで剥がれてきている状態でした。建ててから約20年塗り替えをされたことが無く、初めての塗装になります。外壁には外装ボードを張っていて、屋根と同様に表面の塗膜が劣化して色褪せ、汚れが目立ってきていました。まずは、高圧洗浄機を使用して屋根や外壁の汚れなどを洗い落とします。

スレート屋根

屋根の現況です。

カラーベストの表面の塗膜が劣化し、剥がれてきている状態です。塗膜が傷むと雨水を吸い込むようになり、濡れたり乾いたりを繰り返すうちにカラーベストが割れていまいます。S様邸は割れの症状は出ていなかったので、今のうちに塗り替えておくと安心です。

屋根を洗浄

屋根や外壁の塗装では、必ず高圧洗浄の工程を行います。

水圧をかけた水で汚れや古くなった塗膜、苔やカビなどを洗浄する工程です。洗浄せず、そのまま塗装すると、塗料に汚れが絡んでうまく密着しないため、塗膜を長持ちさせるためにも洗浄は必須です。

塗膜がほとんど剥がれます

S様邸は屋根の塗膜の劣化が進んでおり、洗浄すると、塗膜がどんどん剥がれていきました。写真で見ると、洗浄している部分としていない部分で差があることが分かります。

真っ白になりました

屋根全体を洗浄すると、塗膜がほとんど剥がれて真っ白になりました。

屋根の塗膜の劣化がそれほど進んでいなければ、屋根面にしっかりと密着されているのでそれほど剥がれません。

外壁も洗浄します

屋根の洗浄後、続いて外壁の洗浄を行いました。

外壁の塗膜も劣化が進んでいて、汚れと一緒に塗膜が剥がれて、黒い汚れた水が外壁を伝って下に流れてきました。

窓もきれいに洗います

外壁の洗浄時には壁の他に窓や雨戸、軒天井などの付帯部もきれいに洗います。

2階の窓は普段はなかなか水洗いできないので、見ていると気持ちがいいです。

また、汚れた水は下に下に流れていくので、窓も洗浄しないと逆に汚れが付いてしまいます。

ベランダの汚れも落とします

ベランダも隅々洗浄しました。S様邸は塗装工事で、ベランダの表面に施されているトップコートの塗り替えを行います。ベランダの下のお部屋で雨漏りしていたり、防水層が傷んでいる場合は防水工事を行わないといけません。

 

高圧洗浄の工程を省くとその分費用は抑えられますが、塗膜をしっかりと密着させるための重要な工程なので、必須です。高圧洗浄後、きちんと乾燥させてから塗装の工程に入ります。

 

次は塗装の様子をご紹介します。

 

前回はこちら(岸和田市のLDKにペンダントライトとダウンライトを取付け) 

 

つづきはこちら(岸和田市のカラーベストの屋根塗装)

 

現地調査はこちら(岸和田市の全面リフォームの現地調査)

関連のヤマナカ工事の日記を見る