HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >高石市の玄関屋根の天井の塗膜が剥がれ塗装しました! 8/17

高石市の玄関屋根の天井の塗膜が剥がれ塗装しました! 8/17

高石市K様邸 全面リフォーム 玄関屋根の天井塗装工事 

 

忠岡町の全面リフォームで玄関屋根の天井の塗装です。「玄関先の屋根の天井がボロボロに剥がれて見苦しいので塗装してほしい」とのご依頼がありました。K様邸の玄関屋根の天井には化粧合板を張っていて、表面に施された塗膜が劣化して剥がれてきている状態でした。剥がれてきている塗膜を落とし、きれいに塗装します。また、以前使用していたカーポートの鉄製の枠が錆びつきこちらもボロボロになっていたので、できるだけ錆を落として錆止めを塗布しました。

塗膜が剥がれています

玄関屋根の現況です。

化粧合板の上に施した塗膜が劣化し、剥がれてきている状態です。

鉄部が錆びついてボロボロです

また、玄関屋根の先にある以前使用していたカーポートの鉄製の枠が錆びつき、腐食が進んでいました。玄関先で、人目に付く部分なのできれいに塗り替えてほしい、とのご希望です。

養生しました

塗装作業で、既存の塗膜や鉄部の錆を剥がした時、また、塗料を塗っている時に土間を汚さないようにシートを張って養生(保護)しました。

錆びや塗膜を落とします

鉄部と木部のケレンを行いました。

ケレンとは塗装する面の錆や塗膜、汚れなどをそぎ落として下地を整える作業のことです。塗装面に錆が付いていたり、剥がれかかった塗膜が残っている状態のまま塗装すると、せっかく塗った塗膜が下地と一緒に剥がれてくる可能性があります。

天井板を塗装します

ケレン作業で下地をきれいに整えた後、玄関屋根の天井板を塗装しました。

現状と似た色で塗装するために、数種類の塗料を調色して色を作りました。数回塗り重ねて仕上げます。

垂木も塗装します

玄関屋根の垂木(棟から軒先にかけて渡した屋根を支える材)も現状復旧で塗装しました。

濃い茶色で塗装すると天井とメリハリが付きしまって見えます。

鉄部には錆止めを塗布

玄関屋根の先にある鉄部は錆を落とし、錆止めを塗布しました。

鉄部は空気と水に直接触れると酸化して錆が発生するので、錆が広がらないうちに塗装してあげると表面が保護されて長持ちします。

塗装完了

玄関屋根の天井と鉄部の塗装完了です。

塗膜が剥がれたり錆の発生で見た目に悪影響を与えていましたが、塗り替えることで美観性が向上しました。

玄関屋根は人目に付くのできれいになると嬉しいですね!

関連のヤマナカ工事の日記を見る