HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >和泉市でタカラスタンダードの伸びの美浴室を設置 6/30

和泉市でタカラスタンダードの伸びの美浴室を設置 6/30

和泉市K様邸 お風呂と洗面台入替工事・ユニットバスの設置 


和泉市のお風呂入替で、タカラスタンダードのユニットバスを設置します。タカラの耐震ユニットバスは、浴室の重量を支えるフレーム構造の架台で、震度6強相当の揺れが発生した時にも浴室をしっかりと支えてくれます。また、壁のパネルはホーローパネルなので、普段のお手入れは水を流すだけできれいになります。マグネットがどこでも付くので棚などのレイアウトが自由自在!浴槽も高断熱仕様なので時間差で入浴されるときにもお湯が冷めにくく便利です。

換気のダクトを通しました

既存のタイル貼りのお風呂場を解体・撤去し、ユニットバスを支える土間基礎を打設しました。続いて電気の職人が換気のダクトを通したり、配線工事を行いました。

断熱材を入れました

既存のお風呂場には断熱材が入っていなかったので、断熱性を向上させるために壁に断熱材を入れました。

タカラスタンダードのユニットバス

土間基礎をしっかりと乾燥させてから、ユニットバスを組み立て・設置していきます。

ユニットバスの設置はメーカーの専門の職人が設置します。

架台を設置します

まずは架台の設置です。

タカラスタンダードのユニットバスは耐震構造になっています。浴室の重量をしっかりと支えるフレーム構造の架台です。

床組み立て

架台の上に床を組み立てていきます。

洗い場と浴槽部、それぞれに床を設置します。

洗い場の床はキープクリーンフロアで、表面が硬く傷が付きにくい磁器タイルの仕様です。

壁パネルを加工して取付けます

壁パネルを設置していきます。

壁パネルはタカラスタンダード独自の「ホーローパネル」です。

磁石がくっつくので、棚などのレイアウトをお楽しみいただけます。

水栓や手すりを取付け

浴槽は高断熱仕様です。

お湯が冷めにくいので、時間差で入浴する時に節約にもなります。

窓枠を取付け

既存の窓は再利用します。

窓と浴室の取り合い部に専用の窓枠を取付けました。天井には便利な浴室暖房乾燥機を設置!

ユニットバス設置完了

既存のお風呂は折れ戸でしたがこの工事で使いやすい引き戸になりました。

壁のアクセントパネルを落ち着いた色で配置し、上品な浴室になりました。ご家族様が快適に入浴される日が楽しみです。

 

次は洗面所の内装などの様子をご紹介します。

 

前回はこちら(和泉市のユニットバス設置の土間基礎の打設) 

 

つづきはこちら(和泉市のユニットバス入替でUB枠の取付と床鳴りの修理)

 

工事着工はこちら(和泉市のタイル貼りのお風呂と洗面台の入替 )

関連のヤマナカ工事の日記を見る