HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >家事室の内装で石膏ボード張りと外壁漆喰塗り替え 10/19 泉北郡忠岡町

家事室の内装で石膏ボード張りと外壁漆喰塗り替え 10/19 泉北郡忠岡町

泉北郡忠岡町 Y様邸 家事室その他改修工事/家事室改修と外壁の漆喰塗り替え

石膏ボードを張ります!

泉北郡忠岡町の改修工事です。

前日、家事室の床と天井の下地を設置しました。

本日は、天井と壁にクロスの下地の石膏ボードを張っています。

家事室壁下地設置

壁にも石膏ボードを張るので、先に角材でボードの下地を設置しています。

石膏ボードは不燃で軽量の建材で、壁・天井下地材などに広く使用されています。

表面の漆喰を撤去

外壁の漆喰の汚れが目立ち、傷んで浮いてきていたので塗り替えることになりました。

既存の漆喰はヘラでこすると簡単に剥がれるくらい傷んでいました。健全な漆喰は外壁面にしっかりと密着しているので簡単には剥がれません。

弱った漆喰撤去中

道路側の漆喰も塗り替えます。

下の瓦を汚してはいけないので、シートを敷いて養生しました。

こちらの漆喰(外壁・二階部分)も手で簡単に剥がれました。

下塗り中

漆喰の表面を手で触ってボロボロになっていたら、基本的に表面の漆喰は剥がさなくてはいけません。その後、下地処理(下塗り)してから仕上げ材を塗ります。

しっかりと下塗りします!

下地になる既存の漆喰が弱っているのに、その上から新しい漆喰を塗っても長くはもちません。下地の漆喰ごと剥がれてくるからです。ですので、傷んだ漆喰を撤去してから下地をきちんと調整する必要があります。

関連のヤマナカ工事の日記を見る