HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >床鳴り修理に行ってきました!  現場日記 12/7 岸和田市

床鳴り修理に行ってきました!  現場日記 12/7 岸和田市

本日の現場日記 12/7 岸和田市 Y様邸
床鳴り修理に行ってきました!

養生

               作業場所とその周りをシートで覆い、養生しました。

床改修

Y様邸は、点検庫が無かったので、床に四角い穴を開け、そこから中に入ります。

床鳴り修理

床下に入ると、束石と床束の間に僅かな隙間ができていて、その上を歩くとコトコトと音が鳴ることが分かりました。

その隙間に楔(クサビ)を打ち込み修理します。

 

楔(クサビ)とは・・・材や金属で作られたV字形または三角形の道具のことで、一端を厚く、もう一端に向かってだんだん薄くなるように作られています。隙間に打ち込むための形状で、物と物とが離れないように圧迫することができます。

点検庫設置中

修理が終わり、床に開けた穴を点検庫として利用できるように改修しています。

点検庫設置完了

点検庫の設置が終わりました。

今後の床下調査の時にはここから入ることができます。

関連のヤマナカ工事の日記を見る