HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市のキッチン入替で解体から下地設置までをご紹介 9/14

岸和田市のキッチン入替で解体から下地設置までをご紹介 9/14

岸和田市でキッチン入替とLDKの内装工事を行うことになりました。

 

今回の現場ブログでは既存のキッチンの撤去から電気の配線工事、水道の配管工事、そして新しいキッチンを設置するための下地の施工などの様子をご紹介します。

岸和田市のキッチン入替着工

現場となるキッチンまでの動線に養生シートを敷いて保護しました。

 

キッチンを解体して運び出す際に、職人が何度も行き来するので、床を汚したり傷つけないように保護しないといけません。

 

この作業のことを「養生」と言い、リフォームでは必須の工程です。

岸和田市の不用品を運び出しました

打ち合わせの時に、キッチンに置いている食器棚などの家具類を撤去・処分してほしいとのご相談があったので、工事着工の日に不用品を運び出しました。

 

不用品を処分することもできますが、撤去・処分費用がかかります。

岸和田市のキッチンの解体

続いて既存のキッチンを解体して運び出しました。

 

正面に見えているタイル壁はこの工事でキッチンパネルを張りますので、汚れが付きにくく、お掃除もしやすくなりますね!

岸和田市のキッチン撤去完了

キッチンを解体して撤去しました。

 

次の作業に取り掛かる前に、きれいに掃除して現場を整えます。現場が乱雑になっていると作業効率が悪くなりますので、作業中もこまめに掃除しています。

岸和田市のキッチンの給排水管の位置替え

キッチンを入替える際には、給排水管の位置替えをしないといけません。

 

古いキッチンと新しく設置するキッチンでは給排水管の位置が異なることがあるからです。

 

設備の職人が床を一部カットして床下で配管を振り替えます。

岸和田市の電気の幹線交換

K様はこの工事で、ビルトインコンロからIHクッキングヒーターに交換します。

 

IHや食洗機を安全に使用するために、電気の幹線を交換しました。

岸和田市のIH用の電源を通します

キッチンを設置する前に天井に開口をあけて、IHやレンジフードの配線を通して準備します。

 

先に配線を通しておき、キッチンを設置した後にIHやレンジフード、食洗機などに接続します。

岸和田市でキッチンの下地を設置

キッチンを設置する箇所に構造用合板という強度のある合板を張りました。

 

下地を頑丈にしないとキッチンをしっかりと固定することができません。

キッチンの入替は、ただキッチンを入替えるだけではありません。

大工や電気職人、設備職人、キッチンを設置する職人が現場で作業を行ないます。

 

次はLDKの内装の様子をご紹介します。

 

現地調査はこちら

➡ 岸和田市のキッチン入替とLDKの内装工事の詳細について 

 

つづきはこちら

➡ 岸和田市のクッションフロアからフローリングへの張替工事

キッチンの入替をご検討されている方へ

ご相談・点検・お見積りはやまなか工務店に

【キッチンの入替をご検討されている方へ】

 

やまなか工務店は各メーカーのキッチンを取り扱っております。

お気に入りのキッチンがあればお気軽にお伝えくださいね!

ご相談・調査・お見積りは無料ですので、まずはお気軽にご相談くださいね。

 

お電話でのご相談はフリーダイヤルで

0120-103-718

 メールでのご相談はこちら

24時間受け付けています!