HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >門扉のフランス落としの長さ調整と、階段跡などをモルタルで修復 2/15岸和田市作才町

門扉のフランス落としの長さ調整と、階段跡などをモルタルで修復 2/15岸和田市作才町

岸和田市作才町 U様邸 アプローチ改修工事 6日目 

玄関先のアプローチの傾斜を緩やかに改修する工事です。新しい勾配は1/15勾配です。

フランス落とし加工中

岸和田市作才町のアプローチ改修で、傾斜を緩やかにしたスロープを設置し、玄関先にタイルで短いスロープを設置しました。

スロープ設置で傾斜が緩やかになったので、門のフランス落としの長さが足らなくなりました。

本日はフランス落としの加工を行っています。

フランス落とし調整完了

フランス落としを長くするため、工場で溶接してから門扉に取り付けました。

スロープ側の土間には穴を開け、フランス落としが使えるようにしました。

既存の階段跡を復旧

スロープ設置は終わりましたが、門柱前の階段を撤去しスロープにした時、既存の階段を一部撤去して斫った(はつった・砕く)箇所がそのままでした。そこをモルタルできれいに修復します。

階段跡をきれいに修復

門柱の前の残った階段部分(両側)にモルタルを塗り、違和感のないように仕上げました。

門柱との取り合いも修復

既存のスロープを解体した時、門柱周りの取り合いを大きめに撤去しました。

そこにもモルタルを塗り修復します。

スロープ設置完了

本日で、アプローチ改修工事は完了です。

車いすを押して安全に行き来できる勾配になり、そして門の外から玄関まで段差無く移動できる使い勝手のいいスロープになりました

関連のヤマナカ工事の日記を見る