HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >和泉市の玄関屋根の修理で腐食した下地を交換して塗装しました! 5/8

和泉市の玄関屋根の修理で腐食した下地を交換して塗装しました! 5/8

和泉市Y様邸 屋根・外壁塗装 玄関屋根の修理 


和泉市で行った玄関屋根の修理の様子をご紹介します。

 

ご相談があった玄関屋根は木製で、屋根にはカラー鋼板を張っています。

玄関屋根の軒先部分に水が廻り、下地の板が腐食して外れている状態でした!

 

和泉市の玄関屋根が下がっています

  和泉市Y様邸の玄関屋根です。

 

軒先部分が少し下がっていることに気づいてご相談をいただきました。

軒先部分の幕板(まくいた・横に長い板)が外れているように見えますが、より良いご提案をさせていただくために、現状を確認していきます!

 

和泉市の玄関屋根の下地が外れています

 

脚立を使って屋根の上から確認すると、下地が外れていて、手で触るとグラグラと動いている状態です!

 

外れている部分をビス留めできればこの問題は解決されます。

試しにビス留めしてみると、ビスが効かず固定できなかったので、下地を交換する方法をとることになりました。

 

和泉市の玄関屋根の下地を交換

 

Y様邸の玄関屋根は木製で、屋根にはカラー鋼板(表面を塗装した鋼板)を張っています。

 

屋根の周囲には幕板を張っているのですが、下地が傷んでいることが分かったので、幕板を仮撤去し、使える部分は再利用します。

幕板を撤去する際に、屋根の鋼板笠木(こうはんかさぎ)も仮に取り外しています。

※鋼板笠木については下記でご紹介します。

 

 

和泉市の玄関屋根の下地に水が廻っていました

 

幕板を外して下地を撤去すると、水が廻って腐食していました。

 

木材が腐食すると、強度が低下してボロボロになります。そこにビスを打ち付けてもビスが効かないのでしっかりと固定できません!

和泉市の玄関屋根に新しい下地を取付けます

 

幕板と下地を撤去した後の様子です。

 

幸い、内部の構造部分は傷んでいなかったので、腐食している下地だけを交換していきます。

 

和泉市で使用する木材を加工

 

下地の木材に溝を加工しました。

 

この溝に、玄関屋根の天井板をはめ込んでから固定することで、天井板も固定することができる形状です。

和泉市の玄関屋根の下地をビスで固定

加工した溝に玄関屋根の天井板をはめ込んでから、下地板をしっかりとビス留めしました。

見るからに頑丈そうな下地ですね!

見た目がきれいでも下地が傷んでいると耐久性を維持できません!

和泉市の玄関屋根のコーナー部分にはケイカル板を張りました

コーナー部分にケイカル板を張りました。

 

ケイカル板とはケイ酸カルシウム板のことで、吸水性が少なく耐火性のある建材です。

和泉市の玄関屋根の下地交換完了

 

玄関屋根の正面部分も下地に水が廻って傷んでいたので交換しました。

 

仕上の幕板は再利用するので、仮撤去していた幕板を取付けていきます。

 

和泉市の玄関屋根の仕上の板は再利用

仮撤去していた幕板を取付けます。

 

幕板も一部傷んでいたので、傷んでいる部分を撤去してから使用します。

撤去した部分は新しいケイカル板を張らせていただきます。

和泉市の笠木の板金も再利用

幕板の復旧が完了したので、取り外していた鋼板笠木を取付けました。

 

※笠木とは、手すり壁や立ち上がり壁などの天端の仕上のことで、鋼板笠木とは鋼板製の笠木のことです。

 

笠木を取付けないと、下地などの小口から雨水が浸入して腐食してしまいます!

 

和泉市の玄関屋根を塗装してきれいに仕上がりました

  玄関屋根の修理完了後、塗装して仕上げました。

 

Y様邸はこの工事で屋根と外壁の塗装も行ったので、その時に玄関屋根も一緒に塗装しました。

 

木部やケイカル板は塗装することで塗膜で守られ、腐食や劣化を遅らせることができます。

塗装により見た目もきれいに仕上がりました!

 

塗装するだけでも美しく見えますが、塗装では傷んでいる部分は元に戻りません。このように、塗装する前に傷んでいる部分を修繕することが建物全体の耐久性や防水性を向上させることに繋がります。

 

次は塗装工事の中の高圧洗浄の様子をご紹介します!

 

前回はこちら(和泉市の基礎巾木をジョリシール・エポキシ樹脂モルタルで補修)

 

つづきはこちら(和泉市の塗装前の高圧洗浄の様子を詳しくご紹介!)

 

この現場ブログの現地調査はこちら(和泉市のカラーベストの屋根と外壁塗装のご相談)

 

ご相談・点検・お見積りはやまなか工務店に

 

 

皆さまはお家の外部を確認したことがありますか?

外部は雨や紫外線などの影響をまともに受けてしまうので劣化しやすい部分です。

定期的に目視で点検し、気になることがありましたらやまなか工務店にご相談くださいね!

「外から確認したけどよく分からない・・」「きちんと点検してほしい!」

という方も、是非ご相談くださいね(*^-^*)

 

ご相談・調査・お見積りは無料です!

 

お電話でのご相談はフリーダイヤルで・・ 0120-103-718

 

メールでのご相談はこちら    資料請求もできますよ~!こちらからお願いします!