HOME施工実績外壁塗装 >岸和田市のモルタルの外壁を塗り替えでメンテナンス! 約119万円 工期10日間

岸和田市のモルタルの外壁を塗り替えでメンテナンス! 約119万円 工期10日間

岸和田市にお住いの皆さまこんにちは!

 

皆さまのお家の外壁はサイディングですか?モルタルですか?それとも他の仕上げですか?

 

屋根や外壁は外気の影響をまともに受けますので、

劣化から守るために塗装で保護されています。

 

外壁塗装は見た目を美しく見せるためだけではなく、大切なお家を長持ちさせるためのものですので、定期的なメンテナンスが欠かせません。

 

 

岸和田市の外壁塗装

この施工事例では岸和田市にお住いのH様邸のモルタル外壁の塗装の様子をご紹介したいと思います!写真は塗装完了後の外観です。

 

続いてビフォーアフターをご紹介します!

 

外壁を塗装します

塗装前の外観です。

 

モルタルの外壁の塗装が傷んで、汚れが目立ってきていました。

また、外壁のひび割れもいくつか発生している状態で、塗り替え時期を迎えていました。

 

明るい外観になりました

塗装後の外観です。

 

外壁のひび割れを補修して、高圧洗浄後に塗装しました。

「すごく明るくきれいになったので嬉しいです」と、H様にお喜びいただけました。


☆ビフォーアフターだけではどんな工事を行ったのかよく分からないので、下記で塗装の流れをご紹介させていただきます。

 

 

岸和田市H様邸の外壁塗装工事

チョーキング

岸和田市H様邸の外壁はモルタルの塗り壁で「チョーキング」を起こしていました。

 

チョーキングとは、外壁を手で触ると劣化した塗膜が手につく現象のことで、塗膜の劣化のサインです。

 

チョーキングを起こすと、外壁が雨水などの水分を吸いこんで、汚れがつきやすくなります。

 

このようなクラックがいくつかありました

シーリングで簡易補修されていましたが、外壁には写真のようなクラック(ひび割れ)がいくつか発生していました。

 

外壁にクラックが発生すると、そこから雨水が入って内部で雨漏りすることがあります!

塗装する前にはこにょうなクラックをきちんと処置しないと防水性を確保することができません。

 

 

エポキシ樹脂モルタルを充填

塗装前に行ったクラック補修の様子です。

 

クラックを電動工具でカッター切りしてから強度のある補修材、エポキシ樹脂モルタルで補修しました。エポキシ樹脂モルタルは高強度がありますので、ひび割れや欠損箇所の補修で活躍します。

 

塗装ではこういったクラックは元に戻らないので、事前に補修し、建物自体の防水性や耐久性を確保しないといけません!

汚れや古い塗膜を落とします

クラックを補修した後、塗装前の高圧洗浄を行いました。

 

高圧洗浄は塗装工事に必ず含まれる工程で、高圧洗浄機による高圧の水で汚れや古い塗膜を落とす作業になります。

 

高圧洗浄で汚れなどを落とさないと、塗装時の塗膜がしっかりと密着しないので剥がれる危険性があります!

 

窓などを養生してから塗装します

高圧洗浄後、水分を乾燥させてから各所を養生しました。

 

養生とは、塗装しない部分に塗料が飛散するのを防いだり、塗装の作業をスムーズに行うための工程です。

 

窓や玄関ドア、雨樋等にシートをかけてきちんと養生し、塗装する準備を整えました。

 

外壁の下塗り

高圧洗浄後、各所を養生して、いよいよ塗装の工程を行います!

 

屋根・外壁の塗装では3工程(下塗り・中塗り・上塗り)に分けて塗装します。

それぞれ役割がありますので、順番にご説明していきますね!

 

写真は下塗りの作業状況です。

下塗りは、塗装面を整えて塗料の付着を助ける工程のことです。

 

チョーキングを起こした外壁は、水分を吸いこんでしまうので、そのまま塗装すると塗料が吸い込まれてしまいます。塗料が吸い込まれると塗膜に厚みを付けることができないので、下塗りで吸い込みを抑えて調整しないといけません!

また、下塗り塗料には上塗り塗料の密着を助ける効果もあります。

 

外壁の中塗り

下塗りで塗装面の状態を整えてから中塗りしていきます。

 

中塗りの工程で、お好きな色に塗り替えていきます。

中塗りと上塗りの工程で、塗料の性能を加えていきます。(耐久性や美観性など)

 

 

中塗り乾燥後上塗りします

中塗り・上塗り塗料は基本的に同じ塗料を用いて、2回に塗り分けて塗膜に厚みを付けます。

 

どんなに性能のいい塗料で塗装しても、塗膜が薄いとその性能を発揮させることができないので、中塗りと上塗りに分けて塗装して厚膜にしていきます。

 

紙やすりで目粗し

外壁の塗装完了後「付帯部分の塗装」を行います。

 

付帯部分とは屋根や外壁以外の細かい部分のことを指し、雨戸や雨樋、配管カバーや水切りなどがあります。

 

雨戸などの鉄部は塗装する前に目粗しします。※目粗しとは、紙やすりなどで塗装面の汚れや錆を落として細かい傷をつける作業のことです。目粗しすることで、塗料がしっかりと密着します。

 

雨戸を塗装

雨戸を目粗ししてから刷毛で塗装しました。

 

鉄製の雨戸は経年で錆が発生して見た目に古い印象を与えてしまうので、外壁塗装時には同時に塗装することをお勧めしています。が壁画塗装で美しくなった時に雨戸などの付帯部が古いままだとそこだけ悪目立ちしてしまいます・・・・!

 

鉄部は塗装により錆を抑えられて長持ちしますので、美観性・耐久性を考慮して定期的なメンテナンスが必要です。

 

庇も塗装します

庇も塗装しました。

 

庇の天端にはカラー鋼板という表面を塗装で仕上げた鋼板を使用していました。

庇の面積は少ないですが、全体的な美観性を向上させるためにも塗装をお勧めしています。

 

木製の窓枠も塗装

木製の窓枠も塗装しました。

 

木部は雨水に晒されると腐食するなど劣化してしまうので、塗膜で保護してメンテナンスします。

塗料がしっかりと密着するように、紙やすりで目粗ししてから塗装しています。

 

外壁と付帯部分を塗装し、塗装工事完了です!

 

 外壁塗装工事 

 

工期 約10日間    

 

足場費用 約23万円(税込)

 

外壁塗装 約96万円(税込)

(高圧洗浄、外壁塗装・付帯部塗装等含む)

 

 

岸和田市H様邸は外壁塗装の他にベランダ防水や内装工事も行いました。

H様邸の詳しい工事の様子は現場ブログでご紹介しています!

工事着工はこちら(岸和田市の外壁塗装やベランダ防水などの現地調査)

岸和田市で外壁塗装を行ったH様の声

岸和田市の外壁塗装完了

「とても丁寧に仕上げてもらって大満足です。隙間もパテで埋めてくれたので感激です。また何かあったらお願いしたいと思います。その時はよろしくお願いします。ありがとうございました」

 

外壁を塗装して明るく爽やかな外観になりましたね!H様にもお喜びいただけて良かったです。

また何か気になることがありましたらなんでもご相談くださいね。

 

外壁塗装をご検討されている方へ

外壁塗装をご検討されている方へ

 外壁塗装は皆さまの大切なお住いを劣化から守るためのメンテナンスです。

 

「外壁の汚れが目立ってきたなぁ」

「外壁にひび割れがある」

などの劣化症状が出てきたら、やまなか工務店にご相談くださいね!

 

ご相談・調査・お見積りは無料です!

 

お電話でのご相談はフリーダイヤルで・・ 0120-103-718

 

メールでのご相談はこちら    資料請求もできますよ~!こちらからお願いします!

関連の施工実績を見る