HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市でリクシルのスタイルシェードを取付け 7/17

岸和田市でリクシルのスタイルシェードを取付け 7/17

岸和田市H様邸 リクシルのスタイルシェード取付工事 

シェード取付のご相談

以前やまなか工務店で、内装の全面リフォームや外壁塗装などをしていただいた忠岡町のH様より「西日がきついので、シェード(日除け)を取付けたいんです」とのご相談をいただき、現地確認にお伺いし、リクシルのスタイルシェードを取付けることになりました。西日が直接あたる、和室の掃き出し窓に日除けを取付けたいと考えて、簾も検討されたそうですが、「台風や強風の時に収納できるタイプがいいな」と思われてご相談をいただきました。

掃き出し窓だけに取付けます!

シェードは上の欄間の窓には取付けず、掃き出し窓のみに取り付けたいとのことで、採寸させていただきました。

シェード一カ所の取付でも、お見積りをお預けする前には必ず現地確認が必要です。実際に見て、取り付け可能か、どのように取付けるか確認しないといけません。

シェードのボックス

H様邸は掃き出し窓の上に欄間の窓がありますが、その間にシェードを取付けることが可能でした。

掃き出し窓と欄間の間にシェードを巻き込むボックスを配置し、ベースの金具を窓の両端に取付けます。

窓の下の両端にはシェードを下ろした時に固定するための金具を取付けます。

ベースの金具

掃き出し窓と欄間の窓の間にベースの金具を取付け、そこにシェードとシェードを巻き込むボックスを固定しました。

シェードを真っすぐ下ろします

掃き出し窓の下の両端に専用の金具を取付け、シェードを下ろした時にフックに引っかけて固定する形状です。

雨戸

雨戸よりもシェードの方が表に出るようにベースの金具で調整したので、シェードを下ろしたまま雨戸が使えます。

スッキリ収納できます

台風や強風の時にはワンタッチで収納できるのでとても便利です。簾の場合は、外したり巻いてまとめる必要があるので、何かあるたびに手間がかかります。

リクシルのスタイルシェードは太陽の熱を約83パーセント、紫外線も最大99パーセントカットしてくれるので、室内の温度を快適に保ってくれ、冷房も効きやすくなります。また、熱中症対策にもなるので助かります。

工事はひと窓につき30分~1時間くらいで完了するので、夏の強い日差しで毎年困ってる・・・、という方はお気軽にご相談ください。

関連のヤマナカ工事の日記を見る