HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市の犬走にモルタルを打設しました! 9/21

岸和田市の犬走にモルタルを打設しました! 9/21

岸和田市で行った犬走の工事の様子をご紹介します。

 

 

犬走とは建物の取り合いに打設した幅の狭い部分のことです。

S様邸は犬走が土の地面でしたので、モルタルを打設してほしいというご希望です。ワイヤーメッシュを敷いモルタルを打設!見た目もきれいに仕上がりました。

岸和田市の犬走にモルタルを打設

S様邸はこの工事で離れの和室の内装リフォームを行なっています。


S様は基礎のひび割れを心配されていたので、きちんと補修して犬走にもモルタルを打設することになりました。

犬走には一部モルタルを打設している箇所があったので、割って解体して端から端まで打設しなおします。

岸和田市の犬走の土間を解体

犬走の既存の土間のモルタルを割って解体し、打設しなおします。


振動ドリルという電動工具でモルタルを割って撤去しました。

岸和田市の犬走にワイヤーメッシュを敷きました

モルタルを打設できるように地面を掘り下げ、ワイヤーメッシュを敷きました。


ワイヤーメッシュとは格子状に組まれた鉄筋のことで、この後打設するモルタルのひび割れを防いで補強する役割があります。

岸和田市で打ち水

モルタルを打設する前に打ち水を行いました。


打ち水とは文字通り、水を打つようにかける作業のことです。

コンクリートやモルタルには水分が含まれていてゆっくりと乾燥することでひび割れを抑えることができるのですが、乾燥した地面にいきなり打設してしまうと水分が吸い込まれて急速に乾燥してしまいます。そのため、あえて水をかけて水分が奪われるのを防いでいます。

岸和田市で犬走にモルタルを打設

打ち水を行った後、モルタルを打設しました!


端から順番にモルタルを打設し、コテで勾配をつけながら均します。

岸和田市の犬走に勾配をつけます

犬走部分に落ちてきた雨水が、側溝へと流れるように勾配をつけて仕上げていきます。


勾配をつけないと、犬走に雨水が溜まって基礎の劣化を早めてしまうので、スムーズに流れるように調整しました。

岸和田市の犬走の土間打設完了

最後に金鏝で表面をなでつけて美しく仕上げました。

 

側溝部分には縞鋼板(しまこうはん)という専用の鉄板を敷く予定です。

 

縞鋼板は錆から守るために錆止め処理されていますが、外壁を塗装する際に塗装して劣化を防ぎます。

次は外壁塗装の様子をご紹介させていただきます。

 

前回はこちら

➡ 岸和田市の和室のクロスを貼り和洋折衷のお部屋に!

つづきはこちら

➡ 岸和田市の外壁塗装でマスチックローラーを使用!

現地調査はこちら

➡ 岸和田市の和室の内装リフォーム工事の詳細です!