HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市のブロック塀の設置で控え壁も設置しました! 4/30

岸和田市のブロック塀の設置で控え壁も設置しました! 4/30

岸和田市K様邸 ブロック塀の設置でブロック積みの様子をご紹介 

 

岸和田市のブロック塀の設置工事でブロック積みの様子をご紹介します!

 

既存のブロック塀を解体して新しく設置する工事です。

既存のブロック塀の基礎は再利用するので、そこに差し筋アンカーを打ち込んで、基礎とブロック塀を一体化させる準備が整いました。補強の鉄筋を配置してモルタルを間に挟んでブロックを1段1段積み上げ、完成までの様子をご紹介していきます。

 

岸和田市のブロック塀の基礎に差し筋アンカーを配置

前回の現場ブログで、基礎の差し筋アンカーを打ち込んだ様子をご紹介しています。

 

K様邸は既存のブロックの基礎を再利用するので、基礎と新しいブロックとを一体化させないと強度が保てず地震の揺れが発生した時に倒れてしまいます。

差し筋アンカーは、あと施工用のアンカーで、基礎の打ち込むことで先端のアンカーが開いて抜けなくなり、そこにブロックを積み上げることで基礎とブロックとを一体化させることができます。

 

 

 

岸和田市でブロックを積みます!

差し筋アンカーにより基礎とブロックとを一体化させる準備が整ったので、ブロックを積み上げていきます。

 

ブロックを積み上げる時にはモルタル(セメント・砂・水を混ぜたもの)を間に挟んで固定します。

 

岸和田市のブロックの穴にモルタルを詰めます

ブロックには穴が開いているので、その部分に縦筋を通してモルタルを詰めて積んでいきます。

また、ブロックを水平に積み上げるために水糸(水平を記す糸)を張りそれに従って施工します。

 

ブロックを積み上げる時には縦方向(縦筋)と横方向(横筋)に補強の鉄筋を入れないと、バラバラに倒れてしまします。縦筋は先に施工していた差し筋アンカーに繋いでいます。

 

岸和田市のブロックの継ぎ目にモルタルをのせます

ブロックを積み上げる時に、両サイドの継ぎ目にモルタルをのせて繋げます。

 

ブロックの溝の中すべてにモルタルを詰めると塀自体が重くなるので、ブロックの穴と継ぎ目だけにモルタルを使用します。

 

岸和田市のブロック積みで水平器を使用

先ほど水糸のことをご説明しましたが、ブロックの奥行方向の水平も確認しないとブロックが斜めに仕上がるので、水平器を置いて確認しながら積み上げます。

 

ブロックの耐久性を維持するために縦筋と横筋をきちんと配置しています!

 

岸和田市のブロック積みで一番上はモルタルで埋めます

ブロックの最上段は仕上げになるので溝の中すべてにモルタルを詰めて埋めます。ですが、K様邸はブロックの上にアルミ製のフェンスを設置するので、フェンスの柱を設置する箇所はモルタルを詰めないで開けています。

 

最上段の仕上のブロックは天端にモルタルを詰めてコテで平らに均してきれいに仕上げないといけません。

 

岸和田市のブロックの目地を詰めます

ブロックを積み上げた後、目地を詰めていきます。

 

「目地コテ」という、目地の幅に合った細長いコテを使用して、目地を押さえてきれいに整え、余分なモルタルはかき落としてきれいに仕上げます。

岸和田市のブロックの目地が美しくなりました

目地を整えた後のブロックを見ると、スッキリした印象に変わります!

 

目地の仕上は使用するコテによって変わってきます。コテの種類を変えると、目地が膨れている仕上げにすることも可能です。

 

岸和田市のブロックの控え壁の鉄筋

ブロック塀の内側には一定間隔で控え壁を設置します。

 

控え壁とは、ブロック塀を支える補強の壁のことです。

控え壁はブロック塀と一体化していないと意味がないので、ブロックを積み上げる時に横筋を配置しています。

 

岸和田市でブロック塀の控え壁を設置

ブロックを積み上げて控え壁を設置しました。横筋によりブロック塀と一体化しています!

 

ブロック塀の高さが1.2mを超えると一定間隔で控え壁を設置しないといけません。

1.2mを超えるブロック塀の場合、3.4m以内ごとに控え壁を設置しています。

 

K様邸で施工するブロック塀は、1.2mを超えるので控え壁を配置させていただきました。

岸和田市のブロック塀完成

ブロックを積み上げて、ブロック塀が完成しました!

 

ブロック塀を設置する箇所は地面に高低差があったので、仕上がりの外観を考慮して、いくつかご提案をさせていただきました。

できるだけすっきりとした仕上がりになるようにブロックの段数を変えています。

今までブロック塀で家の敷地が見えなかったので、急に丸見えになると心配だということで、既存と同じ高さに近づくように、ブロック塀の上にアルミ製のフェンスを設置することになりました。

 

次はフェンス設置の様子をご紹介します。

 

岸和田市K様邸の前回の工事はこちら 

➡ (岸和田市のブロック積みで差し筋アンカーを施工) 

 

岸和田市K様邸の工事のつづきはこちら

➡ (岸和田市のブロック塀の上にアルミの目隠しフェンスを設置)
 

 

現地調査はこちら 

➡ (岸和田市の古くなったブロック塀の撤去のご相談)

ブロック塀

 

 

「ブロック塀が高さがあるので倒れないか心配・・」

「ブロック塀を撤去してフェンスを設置したい」

など、ブロック塀のことでお困りのことがありましたらやまなか工務店にお気軽にご相談くださいね!

☆☆ ご相談・調査・お見積りは無料です!

 

お電話でのご相談はフリーダイヤルで・・ 0120-103-718

 

メールでのご相談はこちら    資料請求もできますよ~!こちらからお願いします!

 

やまなか工務店のコロナ対策

やまなか工務店は新型コロナウィルス対策も万全に行っています!

 

スタッフ全員の「マスク着用」「手指の消毒」を徹底し、定期的に「社内及び現場の換気」を行っています。

 

コロナが心配・・・。という方はオンラインでのお打ち合わせも可能ですのでお気軽にお申し付けください。

関連のヤマナカ工事の日記を見る