HOMEブログお客様担当 小南 日登美のブログ >外壁のサイディング~外壁のメンテナンスについて スタッフブログ 岸和田市

外壁のサイディング~外壁のメンテナンスについて スタッフブログ 岸和田市

小南・お掃除中

 

 

皆さま、こんにちは。

最近風が強い日が多く、枯葉が舞って

隅にたまっていますが、

「お掃除のしがいがある~!」

とはりきっている

小南日登美(こみなみ ひとみ)です。

 

 

先日、お客さまとの会話でこんな話がありました。

 

「外壁のサイデングって、なんのことかいまいちよく分からないんだけど・・・」

 

サイディングとは、簡単に言えば一定の大きさのパネル(外壁材)のことを言います。

 

今日は、外壁のことを少しご紹介しますね

モルタル壁

従来の日本の木造の家は、モルタルや土壁といった塗り壁で造られています。
壁に何かを塗ったり、吹き付けたりして仕上げた壁です。

サイディングの外壁

それに対して、最近は外装材(サイディング)を壁に貼る家が多くなってきました。


サイディングは、いろんな模様、色の外装材があるので、自分の好みの外観にしやすいです。

そして、外壁には定期的に塗装などのメンテナンスが必要です。

その目安として、手で外壁を触った時に手に白い粉のようなものがつく現象(チョーキング)や、クラック(ひび割れ)の発生、目地のシーリングの劣化などがあります。

 クラックやシーリングの劣化などを放っておくとそこから雨が浸入し、雨漏りの原因になることがあります。

チョーキング

チョーキング(手に白い粉が付く現象)の様子です。

貫通クラック

モルタル壁のクラック(ひび割れ)です。*サイディングにもひび割れは発生することがあります。

シーリング現況

サイディングの目地のシーリングの劣化です。

上塗り

 

 

塗り替える前に、クラック(ひび割れ)を補修したり、目地のシーリングを打ち替えなど、きちんと躯体補修を行ってから塗装することが重要です。

アーバントーン

塗料の種類・色は、数多くある中から選べます。画像の塗料は多彩模様が特徴的なアーバントーンです。

素敵な外観に

家を雨や風から守ってくれ、外観も美しく見せてくれる外壁、定期的にメンテナンスをしてあげましょう。

 

 

       アーバントーン塗料を使用した外壁塗装      施工事例はこちら