HOME施工実績トイレ >貝塚市の段差付きの和式トイレを洋式トイレに入替! 約41.8万円(工期5日間)

貝塚市の段差付きの和式トイレを洋式トイレに入替! 約41.8万円(工期5日間)

貝塚市D様邸で行ったトイレ入替の様子を施工事例でご紹介します。

 

トイレの段差を解消して、和式トイレから洋式トイレに入替ました。また、昔ながらのタイルの床や壁もリフォームしておしゃれでお掃除しやすいトイレに生まれ変わりました!

貝塚市D様と記念撮影

 

工事完了後にD様ご夫婦と記念撮影をしていただきました。 

ありがとうございます(*^-^*)

 

D様に初めてご相談いただいたのは「キッチンの水漏れ」です。

キッチンで水漏れが発生して、その時のご相談でキッチン入替と内装、トイレ入替工事を行いました。

 

「すごくきれいになったので、ソファーやテーブルも買い替えようと思っています。丁寧に工事していただいてありがとうございました」D様の声です!

 

それでは、貝塚市D様邸で行ったトイレ入替工事の様子をご覧ください(*^-^*)

貝塚市D様邸のトイレ入替のビフォーアフター

貝塚市の段差付きの和便器

既存のトイレは段差付きで、和便器の上に洋式の簡易便座を置いて使用されていました。

 

ご主人様は以前、トイレで転んだこともあるとのことで、使いやすい洋式トイレに入替えることになりました。

 

貝塚市の和式トイレを洋式に入替

段差があるタイルの床を割って解体し、床をフラットにした状態で洋式トイレを設置!

 

採用したのはリクシルのアメージュZです。

便器の色は健康管理ができるホワイトを採用しました。

 

嬉しい節水トイレで、便利なフルオート洗浄機能も付いています。

また、フチが無いので汚れが付くにくく、お掃除する時も簡単です!

更に、以前は無かった手すりを取り付けたので安心してご使用いただけます(*^-^*)

 

貝塚市のトイレの葉っぱ模様のクロス

以前は壁の半分がタイル、上の壁がクロス貼りで段差がありましたが、この工事で壁も平らに改修しました。

 

クロスのデザインは奥様にお選びいただいたのですが、完成後の様子を見て「このクロスにして良かったわ~!」とお喜びいただけました。

 

貝塚市のトイレのラメが入ったクッションフロア

タイル貼りだった床は水に強いクッションフロアに!

 

「キラキラしててきれいなのでこのデザインにします」

クッションフロアも奥様が選ばれています。

 

貝塚市D様邸のトイレ入替工事の様子

貝塚市の段差付きの床を解体します

それではD様邸で行ったトイレ入替工事の様子をご紹介します。

 

既存のトイレは段差があり、和便器の上に洋式の簡易便座を置いて使用されていました。

使い慣れてはいたそうですが、ご主人様が転んだ経緯もあり、今後のことを踏まえて床をフラットにして洋便器に入替えることになりました。

 

貝塚市の木部に防腐剤を塗布します

設備職人が既存の洋便器を撤去してタイルの床を割って解体しました。

 

新しい床を設置するために、タイル壁に枠を固定しました。水まわりなので、防腐剤を塗布して処置しています。

 

 

貝塚市のトイレの床下地を設置

続いて新しい床の下地を設置します。

タイルの床の上に新しい床を設置するので、便器を設置する側の床の高さを調整して下地を設置!

貝塚市のトイレの床を構造用合板で支えます

下地の上に構造用合板を設置しました。

 

構造用合板とは、強度のある合板のことで、屋根の下地や床下地、壁にも使用されます。

 

排水管や給水管部分は合板に穴を開けて通しています。

貝塚市のトイレの床にラワン合板を設置

構造用合板は、強度はありますが表面がデコボコしているのでそのままクッションフロアを貼ると形が出てしまいます。

 

クッションフロアをきれいに貼るために、表面が滑らかなラワン合板を設置しました。

 

貝塚市のトイレに下地を設置

D様邸のトイレの壁は下半分がタイルで、上半分がクロス貼りです。

 

タイルとクロス壁に段差があるため、壁が真っすぐになるように下地を設置して調整しました。

また、この工事で手すりやタオル掛けも取付けるので、しっかり支えられるように、構造用合板を張って壁を補強しています。

 

貝塚市のトイレのタイル壁を覆って水平に仕上げます

壁の高さを調整してからラワン合板を貼りました。

 

打ち合わせの当初は、壁の段差を残して見切り材を取付けて仕上げるイメージでしたが、お選びいただいたクロスに細かい模様がついていたので、スッキリと仕上げるために壁をフラットにすることになりました。

 

貝塚市のトイレに合板下地を設置

天井にもラワン合板を貼りました。

 

天井点検庫は再利用するので、点検蓋にもラワン合板を貼っています。

貝塚市のトイレの下地の継ぎ目をパテ処理

内装の工事が完了したので、続いて表装の仕上、クロス貼りを行いました。

 

クロスを貼る前に下地の継ぎ目にパテという補修材を詰めて処理しました。

継ぎ目を処理せずにクロスを貼ると形がそのまま出てしまいきれいに仕上げることができません!

 

 

 

貝塚市のトイレのクロスを貼ります

下地をパテで処理してからクロスを貼りました。

 

クロスの貼り替えは既存のクロスをめくったり、下地を処理する作業に時間を費やします。下地の状態が悪いとクロスを美しく仕上げることができないので、下地処理の工程はとても重要なのです。

 

貝塚市のトイレの床にクッションフロアを貼りました

床にはクッションフロアを貼りました。

 

トイレの床を張り替える時には便器を脱着しないといけないので、脱着費用が掛かります。

そのため、便器を入れ替えるタイミングで床を張り替えると、別々に工事をするより費用が抑えられます。

 

貝塚市で便器と手すりを設置しました

トイレの内装が完了した後、設備職人が便器を設置して手すり一体型の紙巻き器を取付けました。

 

手すりは人の体を支えないといけないので、頑丈に取付けないと危険です!

D様邸では構造用合板で丈夫な下地を設置していますのでご安心下さい。

 

貝塚市D様邸のトイレリフォーム

 

リクシル アメージュZ

 

便器・・ホワイト

 

 

トイレリフォーム

 

工期 5日間   

 

便器入替工事費  約19.8万円(税込)

(洋便器取付け施工費・解体・処分費等含む)

 

内装工事費   約22万円(税込)

関連の施工実績を見る