HOME施工実績防水工事 >岸和田市でベランダのひび割れを補修してウレタン防水を施工・約5.8万円(工期 約3日間)

岸和田市でベランダのひび割れを補修してウレタン防水を施工・約5.8万円(工期 約3日間)

ベランダ防水・施工事例

岸和田市で行ったベランダ防水工事の様子を施工事例でご紹介します。

 

防水の工法はウレタン防水です。

ウレタン防水とは、ウレタン樹脂という液体状の防水材を塗布して塗膜により防水する工法のことです。床や立ち上がり壁に発生していたひび割れを補修してからしっかりと防水を施しました。

防水前

防水前のベランダです。

既存のベランダは防水層の上に保護モルタルを敷いた形状で、立ち上がり壁や床面にひび割れが発生していました。

 

このままでは室内に雨漏りしてしまうので防水を施すことになりました。

ウレタン防水後

 

ひび割れを補修し、ウレタン塗膜防水でしっかりと防水!

 

立ち上がりまでしっかりと塗膜で保護しています。見た目もきれいに、そして防水性も向上しています!

岸和田市M様邸のベランダのウレタン防水工事の様子

岸和田市のベランダのけれん

それでは岸和田市M様邸のベランダのウレタン防水工事の様子をご紹介します。

 

まずはベランダをケレンしてきれいに清掃しました。

ケレンとは、旧塗膜や汚れなどを取り除く作業のことです。

この後、カチオンフィラーという下地処理剤で新しい下地を作りました。

岸和田市のベランダにプライマーを塗布

次に、プライマーを塗布しました。

 

プライマーとは接着効果がある透明の塗料で、この後施工する防水層をしっかりと密着させる役割があります。

 

立ち上がり壁から床面にかけて丁寧に塗布しました。

岸和田市のベランダのひび割れを補修

プライマーを塗布した後、シーリングでひび割れを補修しました。

 

雨漏りの原因になりやすい立ち上がり壁と床面の取り合いにもシーリングで処置しています。このように、劣化している部分を先に防水することで防水性が向上します。

岸和田市のベランダにウレタン防水材を塗布

ウレタン樹脂(ウレタン防水材)を塗布しました。

 

ウレタン樹脂は液体状ですが、乾くと弾力のあるゴム状に変化し、雨水の浸入を防ぎます。液体状なので立ち上がり壁まで継ぎ目のない防水層を作ることができます。

岸和田市のベランダにウレタン防水材を塗布

ウレタン樹脂に既定の厚みを持たせないとその性能を発揮させることができないので、1回目を塗布した後乾燥させてから2回目を塗布しました。

 

この状態でもきれいに仕上がっていますが、最後の工程が残っています。

岸和田市のベランダにトップコートを塗布

ウレタン樹脂は紫外線にあたると劣化が加速するため、トップコートを塗って保護しました。


トップコートが乾燥すると歩行が可能になります。

今後は5年に1度くらいを目安にトップコートを塗り替えてあげると防水層が保護されて長持ちします。

内装改修、カーポート入替等同時改修 ➡ M様邸 全面リフォームはこちら

 

工事の様子を楽しく分かりやすくご紹介 ➡ この工事の記録はこちら

 

ベランダ防水工事

 

工期  約3日間   

工事費  約5.8万円(税込)

(防水工、一部クラック補修など含む)

ベランダ防水をご検討されている方へ

やまなか工務店・雨漏りでお困りの方へ

ベランダは外部に設置されていますので、定期的にメンテナンスしないと雨漏りしてしまいます!

 

ベランダの防水で気になることがありましたらやまなか工務店にご相談くださいね。

ご相談・調査・お見積りは無料です!お気軽にお声かけくださいね!

しつこい営業もありません!

 

お電話でのご相談はフリーダイヤルで・・0120-103-718

 

メールでのご相談はこちら    

 

資料請求もできますよ~!こちらからお願いします!

関連の施工実績を見る