HOMEありがとう通信 >「青森の94歳の大おばあちゃん」 しんちゃん通信 第39号 発行!!

「青森の94歳の大おばあちゃん」 しんちゃん通信 第39号 発行!!

代表 山中 真二のご縁あった方にお届けしたい、「ちょっとだけ心ほっくほくレター」
「青森の94歳の大おばあちゃん」しんちゃん通信 第39号 発行!!

謹賀新年!

こんにちは。年末年始いかがお過ごしでしょうか?

私達家族4人は、九州で入院中の父親の見舞いに行っている予定です。

年末「母ちゃん、子供と一緒に帰るからなぁ!」と電話した

山中真二(やまなか しんじ)です。

 

1月といえば、初日の出ウォッチングですね。

お孫さんに、初日の出を見せようと、はりきって早朝山登りなどして

「やっぱり早朝は、寒くてカゼひいたわい」

と、ならないように気をつけてくださいね。

 

*以下、画像をクリックすると大きく見やすくなります

H27.12.30発送 第39号

先日、妻(雅子)の母の妹(あさ子おばさん)が病気で亡くなり、急きょ妻だけ青森の弘前まで行って帰阪したときのことです。

私:「親類皆、どう?元気だったか?大おばあちゃん(祖母94歳)にとっては、

   末娘を亡くしたんやから、かなり落ち込んではったんちゃう?」

妻:「うん、そりゃかわいそうだったよ。でも、大おばあちゃんが、仕事大変やのによう帰れたね。って

   喜んで。真二さんのことを、雅子を遠いところまでよう帰してくれてって褒めてたよっ」

私:「そうかぁ。94歳の大おばあちゃんが健在なうちに、娘2人共、青森へ行かさんといかんなぁ!」

 

     雅子さん、これからも両親(青森)と、大おばあちゃんを大切にしてあげて下さいね。

     ありがとうございます。