HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市で和室の壁のシミは塗り替えがいいの?8/23

岸和田市で和室の壁のシミは塗り替えがいいの?8/23

 岸和田市で築22年のお家の和室の聚楽壁にシミが出来て気になる。と問い合わせがあり現地確認に向かいました。

 

☆現地調査の際はお客様と日程を合わせお客様立ち合いの元お困りの事や心配な事をお伺いさせていただきます。

今回のお家の場合は和室の畳は入れ替えをしたが、壁にシミが出来ているのが気になるが壁の塗り替えがいいの?との事でした。

早速お家の中を確認させていただきました。

大きい写真では気にならなかったですが、近くに寄って見てみると、ポツポツとシミが出来ているのが分かりました。

こちらの壁もポツポツとシミが出来ていました

今回の現地調査結果

当初は聚楽の塗り替えをするか検討されていました。

畳み入れ替えを数年前に実施し壁のシミが気になる。

他に壁を綺麗にする方法があるなら教えてほしい。

現地調査後の提案内容

 現地調査時に別の方法があれば教えてほしいとの事でしたので、真壁の方法を説明し今回は、

〇 聚楽壁塗り替えの方法

〇 真壁にする方法

2つを提案しました。確認していただき内容の説明を行い、打ち合わせを実施。

工事が決定しました!

真壁の方法で着工になりました。次からは工事の様子です。

工事内容に関わらず、どんな工事でも着工当日の作業を行う為の準備作業は大事になってきます。

 

今回のお家は広めのカーポートがありお借しいただけたのでブルーシートを引き、壁側にもビニールを設置、その上にカット台を置きそこでベニヤ板のカットをして運び込み、お家の中で最終調整をし貼り付けという流れで作業する様に準備をしました。

玄関ドア周りも養生します。

測って切って運び入れたりと、一番の動線になるので気を付けて養生しました。

玄関の中も框があるので覆うように養生をしました。

框は玄関で段差になっており、木で出来ている事が多いので、当ててしまうと削れてしまったりと大変なので、しっかりと覆う様に養生マットを引きました。

和室は床全面養生をしました

全面する理由として

〇 部分養生だけだと隙間が出来てしまい、養生マットの下に木くずなどが侵入          してしまう。

〇 下地完成後の清掃も養生マットの上でゴミを集めれる。

〇 ベニヤ板での下地作成後は、クロスの職人が入りクロス仕上げになるので、その時にも養生していると、パテの削りカスや、クロスをカットした際の、のりの付着を防げる。

障子や襖も養生しておきます。

中でベニヤ板の最終調整を行う際に木くずが出るので、木くずで障子や襖の組子に残ってしまわないように養生します。調整するにも結構木くずが舞ったりするので、

出来る箇所は養生をします。

養生をしていても少なからず木くずはマットの下に入り込んでしまう事があるので、仕上げが終わって養生マットを剥がした際は掃除を行いますが

養生していると掃除も最小限で済むので

養生作業も重要な作業の一つになります。

養生作業も終わりましたので下地張りに入っていくのですが

今回はここまでになります。

次回の記事を少しだけ

準備が出来たので、柱間の壁を測りベニヤ板をカットし、張り付けていく内容になります。

 

つづきはこちら(和室の壁の下地設置の様子)

➡ 岸和田市で聚楽壁を真壁クロス仕上げに!

和室の壁をきれいにしたい・・・という方へ

お住まいのことはやまなか工務店にお任せ下さい!

和室の壁のリフォームは、和室の形状を保ったまま仕上げることもできますし、イメージや用途を変えて洋室にすることもできます。


まずはお気軽にご相談くださいね!

ご相談・調査・お見積りは無料です!お気軽にお声かけくださいね!

しつこい営業もありません!

 

お電話でのご相談はフリーダイヤルで・・0120-103-718

 

メールでのご相談はこちら    

 

資料請求もできますよ~!こちらからお願いします!