HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市の台風被害に遭った目隠しフェンスの現地調査 11/16

岸和田市の台風被害に遭った目隠しフェンスの現地調査 11/16

岸和田市Y様邸 台風被害に遭った目隠しフェンスの現地調査
 

岸和田市にお住いのY様より「台風でブロック塀が倒れてしまったんです」というご相談をいただき、現地調査にお伺いしました。

ブロックを2段積み上げて、その上にアルミ製の目隠しフェンスが設置されていたのですが、台風の強風で端から端まで倒れている状態です!

塀の現地調査

やまなか工務店は、ご相談のご連絡をいただくと、まずは現地調査のお日にちを決めて確認にお伺いさせていただきます。

 

例えば、水栓の交換やトイレの入替でも各ご家庭で仕様や設置状況が異なるため、きちんとご提案させていただくためには現地調査が必要なのです。

 

ご相談、現地調査、お見積りは無料ですのでお気軽にご連絡下さいね(*^-^*)

 

それでは岸和田市Y様邸の現地調査の様子を一緒に見ていきましょう!

 

 

 

ブロックの上に目隠しフェンスがありました

現地を確認すると、倒れたフェンスは片付けている状態でした。

 

黄色い点線部分に目隠しフェンスが設置されていたのですが、台風の強風で端から端まで倒れている状態です!

基礎のブロックも倒壊しています

よく見ると、ブロックが1段倒れている箇所もあります。

 

約3年前に関西方面に上陸した台風の影響ですが、私も初めて経験したとてつもない強風でした。

倒れたフェンスやブロックです

倒れたブロックやフェンスです。

この面は歩道に面しているので、被害を受けた後、早急に片づけられたそうです。

台風の最中は人が歩いていませんでしたが、万が一歩いていると大けがをした可能性があります!

基礎から施工しなおします

「歩道に面しているので、丸見えだと嫌だし、防犯面も心配なのでもう一度フェンスを設置してほしいです」

 

とのご希望で、ブロックを積み直して目隠しフェンスを設置することになりました。

今度は風が抜ける形状のものを採用しました!

フェンスがあたって雨樋が破損

フェンスの他に、雨樋にも被害がありました。フェンスが倒れて雨樋にぶつかり破損しています。

 

雨樋とは屋根に落ちてきた雨水を受けて地上または地下に排出させるための設備のことです。

雨樋が破損すると、雨水が漏れて外壁を傷めたり、雨漏りすることがありますので放置しないで修理することをお勧めします。

 

雨樋は同じ形状のものがあれば部分的に交換することも可能です!

Y様邸は、破損した部分を交換することになりました。

Y様邸の工事が始まりましたら現場ブログでご紹介させていただきますね(*^-^*)

 

目隠しフェンスやブロック塀のことでお困りの方へ

やまなか工務店 台風被害

「周囲の視線が気になるので目隠しフェンスを設置したい」

「ブロック塀が古くなり地震で倒れないか心配」

などお困りのことがありましたらお気軽にご相談くださいね!

ご相談・調査・お見積りは無料です!お気軽にお声かけくださいね!

しつこい営業もありません!

 

お電話でのご相談はフリーダイヤルで・・0120-103-718

 

メールでのご相談はこちら    

 

資料請求もできますよ~!こちらからお願いします!