HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >忠岡町でキッチンカウンターを造作しました!12/9

忠岡町でキッチンカウンターを造作しました!12/9

忠岡町のキッチン入替工事で換気のダクト工事や下地の設置、キッチンカウンターの造作の様子をご紹介します。

 

新しく設置するキッチンは場所が変わるので換気扇のダクトの穴を開け直さないといけません。また、間仕切り壁をカットして開口をあけて、キッチンカウンターを造作しました!

忠岡町でキッチンのダクトの穴を開けます

キッチンの場所が変わるので、換気扇の位置も変わります。そのため、ダクトを通すための壁に丸い穴を開けました。

 

ダクトの工事は電気の職人が行います。

忠岡町のキッチンの壁に合板下地を張りました

既存の換気扇があった開口は外部から合板を張って塞ぎました。

 

キッチンを設置する壁にも構造用合板を張りました。

キッチンをしっかりと固定するためには、頑丈な下地が必要です。

向かって右側に見えているタイルの壁は、上に合板を張ってからキッチンパネルで仕上げます!

 

忠岡町のキッチンのダクトと照明の配線

壁に張った構造用合板にも丸い穴を開けて、換気のダクトを通しました。

 

換気扇に吸い上げられた煙はこのダクトを通って外部に吐き出されます。また、キッチンの照明の配線も壁から出して準備しました。

忠岡町のキッチンの撤去跡にフローリングを張ります

K様邸は以前、キッチンの床にフローリングを上張りしていました。その時に、キッチンを撤去せず張っていたので、キッチンを撤去すると床が一段下がっている状態です。

 

既存の床に近い色のフローリングをご用意して、キッチンが設置されていた箇所の床を張りました。

忠岡町のキッチンの天井にも合板下地を張ります

キッチンの天井には化粧板を張っていましたが、この工事でクロス貼りで仕上げます。

 

化粧板の上にはクロスが貼れないので、合板下地を張りました。

忠岡町で垂れ壁の下地を設置

今回の工事で採用したのはクリナップのラクエラです。

吊り戸棚も同じデザインのものを採用しました。

 

奥様は背が低いので、吊戸棚の高さをできるだけ低く設置します。

吊戸棚を低い位置に設置した時に上端に隙間があかないように、短い垂れ壁を作ります。

写真は垂れ壁の下地を設置した様子です。

忠岡町でキッチンのカウンターを造作します

キッチンの間仕切り壁をカットした部分にカウンターを造作します。

 

事前の打ち合わせでカウンターの高さや大きさを決め込み大工が造作しています。

このカウンターは、奥様がキッチンを行き来する時の手すり代わりにもなります!

忠岡町のキッチンのカウンターに天板を取付けて下地を張りました

天板を加工して、カウンターの壁には合板を張りました。

 

天板のコーナーが尖っていると危険なので、丸く削って加工しています!

カウンターの壁から出ているのはコンセントの配線です。

カウンターの内側に背の低い食器棚を置き、その上で炊飯器を使用するのでコンセントを仕込みました。

 

次はキッチン設置の様子をご紹介しますね(*^-^*)

 

現地調査はこちら

 忠岡町のキッチン入替でカウンターも設置します!

 

工事着工はこちら

➡ 忠岡町の古いキッチンを撤去して間仕切り壁をカット!

 

つづきはこちら

➡ 忠岡町でクリナップのラクエラ・奥行60㎝を設置!

 

キッチンカウンターの造作もやまなか工務店にお任せください!

お住いのことはやまなか工務店へ

キッチンにカウンターがあったらいいな~とご検討されている方はおられますか?

 

やまなか工務店はキッチン入替やカウンターの設置のご相談も承っております。

お気軽にご相談くださいね(*^-^*)

 

 

ご相談・調査・お見積りは無料です!お気軽にお声かけくださいね!

しつこい営業もありません!

 

お電話でのご相談はフリーダイヤルで・・0120-103-718

 

メールでのご相談はこちら    

 

資料請求もできますよ~!こちらからお願いします!