HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >貝塚市で門扉の落とし棒が壊れ門扉を交換しました!2/4

貝塚市で門扉の落とし棒が壊れ門扉を交換しました!2/4

今回の現場ブログは貝塚市で以前クロス張り替えなどの工事をしていただいたお客様より門扉の落とし棒が壊れて扉の開閉が不便になっていると

ご相談があり現場の状況を確認に向かいました。

お客様にお話を伺うと以前の台風ぐらいから門扉の落とし棒が機能しておらず

風が吹くと扉がバンバンっと勝手に開いてしまうので、紐でくくっていたが

出入りに不便で困っているとの事でした。

お家が建っている場所も風を受ける場所で

既存の門扉の格子も大きく風を受けるような形状でした。

落とし棒も中で折れていました。

扉も強く開閉されたせいか少し歪んでおり

門扉がきちんと締まらない様になっていました。

別で門扉の中に郵便受けの蓋も外れて落ち割れていました。

大きい郵便受けなので取り出しなどは非常にし易いのですが

蓋が無いと郵便物が濡れてしまいます。

現地確認、打ち合わせを終え今回行う工事の内容は

門扉は格子を小さい物に交換と郵便受けの蓋の交換の工事を行います。

エクステリア専門の職人2名で作業を行ないました。

既存の門扉の柱を撤去していきます。

まずサンダーを使用し柱の周りに切り込みを入れていきます。

※ 切り込みを入れないと関係のない箇所まで取れてしまい

修復する事もできますが跡が残ってしまうので事前に切り込みを入れます。

次に振動ドリルを使い表面の洗い出し部を取っていきます。

簡単に取れるので気を付けて作業を行います。

ある程度取れたら砕いた石などを掃除します。

埋まっている柱を撤去するので結構掘り進めていきます。

今回職人は2名で来ているのでこの作業と同時進行で別の職人が

門扉の準備を行い、分担して工事をスムーズに進めていきます。

もう1人の職人は…

門扉などは既製品はある程度出来上がった状態で納品されますが

鍵、取っ手、など選んで交換出来るものに関しては

現地で組み立てないといけないので

開梱し組立を行っていきます。

鍵や取っ手を組立、扉本体に取り付けていきます。

いつも協力して作業を行っているので

現場到着~設置・取付が非常にスムーズに進みました。

ある程度組立が終わった頃に、丁度柱の埋め込みが完了するところでした。

柱は水平にまっすぐ建てないと扉の鍵が合わなかったりするので

水平器を使用しモルタルで固定していきます。

季節的にも早く乾かないので速乾性のモルタルを混ぜ硬化を早めて柱を建てます。

モルタルが乾き門柱に門扉を取り付け微調整を行い門扉は完成し

ポストの蓋も取り付けました。

完成し落とし棒も機能していました。

破損していたポストの蓋も…

新しくなりこれで雨も心配なくなります。

風を受けてバタバタしてしまう門扉も…

格子のデザインを変え新しくなりましたので風に少々吹かれても大丈夫です。

2人の職人さんによる連携作業で早く作業も終わり

お客様も『早く終わって良かった。これで普通に出入りできる』と言っていただけ

良い工事になりました。

門扉の交換や修理もやまなか工務店にお任せください!

貝塚市の門扉入替完了

門扉が壊れたり、古くなってお困りの方はおられますか?


門扉のデザインや色、機能性などご相談を承っておりますので、お気軽にご相談くださいね(*^-^*)

ご相談・調査・お見積りは無料です!お気軽にお声かけくださいね!

しつこい営業もありません!

 

お電話でのご相談はフリーダイヤルで・・0120-103-718

 

メールでのご相談はこちら    

 

資料請求もできますよ~!こちらからお願いします!