HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市の台風で倒壊したベランダの現地調査 4/18

岸和田市の台風で倒壊したベランダの現地調査 4/18

岸和田市T様邸 台風被害に遭ったベランダの現地調査

ベランダの調査にお伺いしました

以前、床張替などの内装工事をしていただいた岸和田市のT様より台風後にお電話がありました。「台風でベランダが落ちてしまったので見に来てもらえますか?」とのご相談で現地調査にお伺いしました。

ベランダの手すり壁が崩れています

T様邸のベランダは外壁と同じ木造のモルタル仕上げで、周囲に手すり壁を立ち上げています。その手すり壁の一部が崩れて下に落下している状態でした。

雨が染み込まないようにご自身でブルーシートをかけて応急処置されていました。

手すり壁がなく危険です

ベランダの内部から見た様子です。

 

手すり壁が一部ない状態なので、夜などに使用すると危険です。

下地の木部が腐食しています

落ちた手すり壁の内部を確認すると、下地の木部に水が廻って腐食していました。

手すり壁にひび割れなど雨水が入る原因があり、長い間濡れ続けたことで木部が腐食し、耐久性が落ちていたのでしょう。

この状態からすると、台風でなくてもいつかは倒壊していた可能性があります。

大きなクラックが発生

破損せずに残っていた手すり壁には、このように大きなクラック(ひび割れ)がいくつか発生していました。

このまま放置すると、残っている手すりも落ちてしまう危険性があります。

 

樋も破損

ベランダの排水を行う竪樋も破損していました。

手すり壁が落ちた時に一緒に折れてしまったのでしょう。

カーポートの波板も飛散

ベランダの他の箇所も調査しました。

幸い屋根には異常は見られませんでしたが、カーポートの波板がほとんど飛散していました。

後日、ベランダ復旧工事を行いました。

老朽化した部分を解体・撤去し、補強のために柱を増やして手すり壁を設置しました。

続いて工事の様子をご紹介します。

 

着工はこちら(岸和田市のベランダ修復工事着工)

関連のヤマナカ工事の日記を見る