HOMEヤマナカ工事の日記改修工事 工事の記録 >貝塚市の軒天のクラック補修とベランダ防水工事 3/11

貝塚市の軒天のクラック補修とベランダ防水工事 3/11

貝塚市にお住いのY様よりベランダ防水外壁のクラック(ひび割れ)のご相談をいただき、それぞれ工事を行いました。

 

Y様邸のベランダは防水層の上に保護モルタルを敷いた形状で、床面にクラックが発生して傷んでいました。また、外壁にも気になるクラックがあったので、補修して防水しています!

 

それでは工事の様子をご覧ください(^-^)/

Y様邸のベランダです。

 

ベランダの床には大きなクラックが発生していて、これ以上劣化が進まないか心配されていました。この工事でクラックを補修してウレタン防水を施します! 

Y様邸の外壁はモルタルの塗り壁です。

 

外壁や軒天(のきてん)にクラックが入っているところがいくつかあるので、そこにシーリングを充填し補修します。

※軒天とは・・外壁よりも外側に突き出した屋根の裏面のこと

軒天に発生したクラックを補修します。

 

クラックにプライマーという接着効果がある塗料を塗布してからシーリングを充填します。

プライマーを塗布した後、シーリングの充填が終わりました。

 

これでクラックから雨水が浸入する心配がなくなりました。

ベランダ防水の様子

防水前にベランダをきれいに清掃しています。

 

ケレンとは、塗膜やサビなどを落とす作業のことです。防水面をきれいに整えることでこの後施工する防水層が長持ちします。

ケレン・清掃が終わり、カチオンクリートをしごき塗りして新しい下地を設置します。

 

カチオンクリートはコンクリートやモルタルにしっかりと密着するので、薄塗でも新しい下地を作ることができます。

カチオンクリート塗りが終わり、乾燥させた後、プライマーの塗布を行いました。

 

プライマーは接着剤の役割があり、この上に施工するウレタン防水の防水層をしっかりと密着させてくれます。

プライマーの塗布が終わり、ウレタン防水を塗布しています。

 

ウレタン防水は塗膜防水のことです。

液体状の防水材を塗装することで防水層を形成する防水の工法です。

前日の工事でウレタン防水の塗布一回目が終わり、次の日に二回目の塗布も終わりました。

 

ウレタン防水は塗膜に規定の厚みを持たせないと性能を発揮できないので二回に分けて施工し、厚みを確保しました。

ウレタン樹脂塗膜防水がしっかり乾いてからトップコートを塗布しました。

 

ウレタン防水材は紫外線にあたると劣化してしまうので、トップコートを塗装して保護しました。

今後は5年に一度を目安にトップコートを塗り替えてあげると防水層が保護されて長持ちします。


外壁のクラック補修やベランダ防水もやまなか工務店にお任せください

外壁のひび割れ補修もやまなか工務店にお任せください

外壁やベランダの床にクラックは発生していませんか?

 

クラックを放置し続けるとそこから雨水が浸入して雨漏りの原因になることがあります!気になるクラックを見つけたらやまなか工務店にご相談くださいね(*^-^*)

ご相談・調査・お見積りは無料です!しつこい営業もありませんのでご安心下さい(*^-^*)