HOMEブログ代表者 山中真二のブログ >「ウキウキと仕事を楽しむ心」!

「ウキウキと仕事を楽しむ心」!

ちゃっと待ってくさい!造作大工が11人全員普通にユンボ等操縦するんですよ!「エ~っ!」って、驚愕して、思わず声を発しました。

おはようございます。 本日もご覧いただき ありがとうございます。

先日、長野市・桐生市(群馬県)まで 勉強会及び会社・建築工事現場見学会へいってきました。

(「特急しなの」からの風景です。)

どれが専門職かわからないような多能工職人を私は軽視ししてましたが、

本物の多能工職人のお話や、工事現場をみて、

その職人さんたちの探究心・向上心・仕事の出来をみて、感動と同時にびっくりしました。

現在の工場木材加工プレカットがあたりまえの時代にすべてこだわりの古来の手作業、

そして、塗装・内装・設備工・防水工・躯体補修工などの作業もこなし、掘削重機・鉄骨建て方・溶接なども 普通にこなすそうです。

(現場見学で、階段加工状況です。すべて現場加工です。)

ちゃっと待ってくさい!造作大工 11人全員普通にユンボ等操縦するんですよ!「エ~っ!」って、驚愕して、思わず声を発しました。

(同業界のみなさんも熱心にお勉強してます!)  (山岸社長と山中と安藤さんです。)

この方針は、T社長の 工事工程管理でのタイムラグをなくすなど、

施主様のこと考えてのことだそうです。

でも一番気になるのは、品質管理等で もんだいないのか ということですが、

この会社へのお客様のニーズは高く、

実際に、造作大工の手造りのテーブル・収納家具等の塗装の仕上げに至るまでさわって、みても、感動しきりです。

T社長は「以前からこういう職人集団をつくりあげたいとイメージしてたけど、本当にできるとは おもってなかたです」と謙遜されますが、

プライドのある大工職人に、高橋社長自ら「こんな要領で溶接したら出来るよね。」などと、デモンストレーションしてみせて、

何事も納得したうえで、専門職の職人に共に教わり、今では自発的に11人全員の大工集団チームとして機能してるそうです。

正直、うちの会社では、反発がすごくで 無理だとおもうんですが、「探究心・向上心・ものづくりを楽しむ心」という、人生において、とても大切なことを  改めて確認させていただきました。

T社長、ありがとうございました。また、次回、高知でも よろしくお願いします。