HOMEブログ代表者 山中真二のブログ >「 妙 に 納得してる 自分 」 でした。

「 妙 に 納得してる 自分 」 でした。

「すべてのことに 意識レベルが高いはずやなぁ!」

本日もご覧いただきありがとうございます。

あらためて、こんばんは。

PM7:10~PM9:00の間、お客様のK様とN様のお家の打合せが済んで、

先ほど帰宅しました。

K様に、今度着工予定の契約書の控えや その他の図面資料お持ちしたら、

ご夫妻で TVプロ野球観戦中(巨人×広島)で、「どこの球団を応援してるんですか?」ときくと、

「どこでもいいんや!」とご主人。奥さまは「ニコニコ笑顔」  つづいて、

「広島のエース、前田健太は 忠岡町の子 らしいやんか!そやからこの子を

応援せないかんおもて!」

 

 「えっ!そうなんですか!」と、私。忠岡町ではお客様も多く、今も工事中なんです。

ご主人が、うちの子も・・・「・・・・・」と。

よくよく お聞きすると。なんと、以前、息子さんも、関西学生リーグで活躍し、全日本学生選抜にもえらばれ、

アメリカ遠征時には、田口 壮(オリックス)、宮本 慎也(ヤクルト)と いっしょのチームだったそうです。

        

ご主人が奥さまに「あのタテもってきてみっ!」  奥さまが手にされたタテを受け取ってみると、

学生選抜の証のタテ、下部に「京都大学」の文字。

「国立でも、京都大学じゃないですか!」と私。ご夫妻は「ニコニコ」と。

「奥さまは日本舞踊、息子さんは野球一筋、このご家族は スポーツ一家?」

「この息子さんにして このご両親 今度の工事に対して だけでなく、

すべてのことに 意識レベルが高いはずやなぁ!」

などと、帰路、運転しながら 工事契約までの、過去7回ほどの打合せを ふりかえり、 妙 に 納得してる 自分でした。