HOMEブログ代表者 山中真二のブログ >「九州の家上棟式・おもち投げ!」ありがとう通信 第26号 発行!!

「九州の家上棟式・おもち投げ!」ありがとう通信 第26号 発行!!

代表 山中 真二のご縁あった方にお届けしたい、「ちょっとだけ心ほっくほくレター」
「九州の家上棟式・おもち投げ!」ありがとう通信 第26号 発行!!

こんにちは!子供(小学2年)の頃少し悪ガキで、学校の休み時間、添削中の

岡部先生(女性・美人・担任)のスカートの中にもぐりこみ、先生を怒らそうとしても、

先生はニコニコと「こんなとこもぐって!」と言うだけで、おとがめなしで、

少し肩すかしくらっても、友達に「スカートの中は真っ暗だけど、ドキドキしてスリルがあるぞ!」と、

スカートの中の大冒険を自慢してた山中真二です。(このご時世だと問題児ですね。)

ありがとう通信 第25号

さて、H26年の1月も過ぎ去り、2月も、もうすぐ半ば突入ですね!

2月といえば節分、「巻きずしは、細巻きがおいしいね!」

「そうやな、細いのが食べやすいね!」と家族で会話しながら、東北東の方角

向いて、「ガブリ、ガブリ」子供たちは「キャーキャー」わめきながら、食べてる私の頭

めがけて豆まき!「豆まきまでするんかっ?!」

子供たちも大きくなると、こんなこともしないやろから、風習というものを、

大事に残したいもんですね!

「九州の家上棟式・おもち投げ!」

先日、平成26年1月12日(大安)九州の熊本県天草市の最南端の村(陸の孤島)で、

無事、両親の家が上棟しました。

ここまでくるのに準備作業をコツコツと・・・。

二つ年下の妹は私に「あんたは、十代の頃から、両親が生きてる間に実家を建て替えるか、

改修工事したい、これが俺の夢やっ!と言ってたもんな~。私ようおぼえとるわ!あんた、ようそのことを何回も言ってたよ!」

と、しみじみ、話してくれます。

 

ありがとう通信 第25号

私には兄2人・妹1人で、私は三男です。

「俺は俺たちが両親に家を建ててあげるということではなく、両親が俺たちにしてくれたことが、

ひとつの建て替え工事にという形になってるだけで、これは両親の力が、こんなありがたい形になってるんやぞ!」

と妹に伝えると、妹は黙ってうなづいてます。

 

近所のおばさん、おじさんからも「よかったね。よかったね。」と、両手で抱き合ったり、

泣いたり、関係ない他人のおばちゃんが、うちの職人さんへの差し入れ・ご馳走を

毎日のように届けていただいたり、一緒に団らんしたり、天国のご先祖様、地域の全ての

人たちの後押しで、どんどん思いは形になっていきます。

何か不思議な力に押されて、不思議な気持ちです。

今回は上棟式の報告ですが、「そもそも両親や兄にとって建て替え工事が本当に必要なのか!」

というところから、丁寧に聞き取り調査、土地選び、現地周辺調査の様子を、次回よりゼロから

ご報告させていただきます。